>> EDIT

ブログのネタが何も思いつかない

ブログのネタが何も思いつかない。
というか最近の記憶があまりない。


何かないかなと考えて、考えて、30分くらい考えて、
「あ!あれ書こう!あれはいつの出来事だっけ?」
と一個思いついたのに、いつのことか思い出せず、
また考えて、考えても分からなかったので、手帳を開くと昨日の出来事で衝撃を受けた。
そして昔見た『私の頭の中の消しゴム』という映画のタイトルが一瞬浮かんだ。


一個思いついたものの、そこから話が膨らまずボツになり、ふりだしに戻る。人形劇に関係ないくだらないことならいくらでも思い浮かぶのだが、以前関係ないことを書きすぎてお叱りを受けたので書けない。

最近ちょうど読んでいた阿佐ヶ谷姉妹のエッセイで、「書くネタがない」というネタで6ページ埋めているエッセイがあった。
私もその手を使ってブログのボリューム感を出そう!と思い、書いてみたものの、このままだとまた怒られるのでもう少しましなネタを考えなくてはいけない。(書くネタがないネタで書きすぎて、怒られるかもと思いエピソードを3個削った。)


最近旅が多かったので、旅を通して発見したことを書く。

お芝居をしていて、大きな笑いが来るところはどの土地に行っても大体同じなのだが、ささやかな笑いはすごく土地柄が出る、ということだ。

東京ではあまり笑いがない場面でも、北海道ではうける、ということがある。
しかも北海道巡回して回っても、そのうけるポイントはほぼ同じなのである。

しかし、北海道でうけたからといって、青森で同じところでうけるわけでもなく、また笑いの場所が微妙に変わってくる。

その土地その土地で、ツボが違うのだ。

この間ロシアに行ったときは、普段ではありえないタイミングで笑いが来たので、
「え?何で!?」
と思ったが、2ステージも同じタイミングで笑いがおきた。

いろいろな場所で上演していると、東京育ち(でも香川出身)の私には、わからないような笑いのタイミングがある。
笑いは万国共通である反面、ささやかな笑いは、とても県民性や市民性がでるのだなと思った。

妹にうけたネタも、友達に話したらすべった…みたいなこともよくあり、もはや笑いとは家庭レベル、いや、個人レベルでもちがうのだ……。

ともあれ、目の前にいる人の笑いを取れなくても、
これだけいろいろな人がいる世界なのだから、
きっと地球上の何処かでは笑いがとれるであろうという根拠のない自信がつき、
いつでも全力でやろうと思う今日この頃であった。

おわり

| 公演の様子 | 22:22 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

僕がそうべえです。

こんにちは、禄里です。


今回の心に残ったセリフ・・・「ウンともフンともいえまへん」そうべえ/じごくのそうべえ

今回の頑張った人形・・・そうべえ(綱渡り用)/じごくのそうべえ

今回の一曲・・・「うっかり忍者」/うっかりにんじゃのかくれんぼ(ポエム・ポエム)


最近何だか予定やらキャスト変えやら演目やら稽古やら上演やら台風やらブログの締め切りやらササクレの痛みやらがごちゃ混ぜになって訳がわからなくなりそうでそんな時に誰かのひと言で傷ついたり救われたりしてどうすりゃいいのかまたもや訳がわからなくなりそうで悲しくなっちゃったりつまらなくなっちゃったり泣きたくなっちゃったり気分がモヤモヤしたりしていたけど、

もう大丈夫。復旧。再起動。

そんなことが僕にはしばしばある。きっとみんなもあるはず。

越えて行かなくちゃね。


「道はあっちの方しかないやろ。うしろはもう帰られへん」ちくあん/じごくのそうべえ


僕は帰らない。
さあ、次に行くか。

| 劇団の日常 | 23:03 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日々スパイスなり

突然だけれど、どちらかというと私はけっこう運がない方だ。
太宰治風に書くと「ついてない生涯を送ってきました」となる程に。

この店に行こう!と思って行くと閉店のことはしばしばあるし、電車に乗るとよく遅延する。
この前なんてわざわざお台場まで展覧会を観に行ったのに、休館日だった。
よくこけるし、よく雨に降られる。

しかし、ついてない事は慣れるもので多少の事ではめげなくなってきている。
メンタルがどんどん鍛えられているのだ。

さて、こんなについてないメンタル強化された私でも最近の連続した事件には気持ちが折れそうになった。
ここ1ヶ月に起こったついてない事件を書き出してみる。

上演後、帰る時に後部座席のドアを閉めた瞬間、窓ガラスが粉々に割れる。
(ちなみにロシアに行く前日だった…)

先日の台風19号直撃の時に広島から車で帰る途中、通行止めで帰宅できず。
(次の日も通行止めの連続で甲府から12時間かかって帰宅)

その次の日、高速道路を走っている途中、突然タイヤがバーストする。

上演に行く朝、猛烈な腹痛に襲われる。
(本気で救急車呼ぼうかと思った)

今までに無いくらいのついてなさ、それも次から次へと…。
これはもう、お祓いしてもらった方が良いのでは?塩撒いた方が良いか?

ついてない後には良い事がなんて言うからには、これは相当良い事が起こるに違いない。
例えば、劇団に小栗旬がやって来るとか。(特にファンでは無いけれど)

でも、よくよく考えると、窓ガラス割れても誰もケガする事も無く、台風の中移動しても最終的にはなんとか家にたどり着けて、タイヤは交換できるメンバーがいてくれて、腹痛はなんとか治った。

ついてないけど、ギリギリでついている。

だからプラスマイナスゼロ。
ついてない生涯はやっぱり少しだけついているのかもしれない。
こうしてまたもやメンタルが強くなってしまうのだ。

そして、不思議とついてない話は笑える。
これはきっと人生のスパイスに違いない。
なので、私は「スパイスの多い生涯を送ってきました」と言いたいと思う。


…でも、あんまり危険な目にはあいたくないなぁ




みよしでした。

| 劇団の日常 | 17:47 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ともだちルドルフ赤ガラべえ。

ともだち くるかな(初演)
ルドルフとイッパイアッテナ
赤ずきん
三びきのやぎのガラガラドン
じごくのそうべえ

今年の7月から10月までで、わたしが新しく稽古・出演した作品たち。

「ともだちくるかな」は今年度の新作で、生演奏付きの3人芝居!人形やセットの豊かな色彩と、とっても温かいお話のステキな作品です。こちらは3月にフェスティバルで一般向け公演をする予定なので、ぜひお知らせをお待ちください☆(ちなみに公演日は、我らが山根さんのお誕生日!)


「ルドルフとイッパイアッテナ」「赤ずきん」「ガラガラドン」は、キャスト変えで先輩から役を引き継いだ作品たち。受け取ったバトンはとても重たくて、まだ走り出してもいないくらい。だけど、色んな先輩に助けていただいて、なんとかバトンを落とさずに繋げている。これから色んな寄り道や研究をしながら、つまづいても転んでも私なりに走り切りたいと思う!


「じこくのそうべえ」はポポロのロングセラー作品で、今回舞台セットを大幅に改善!!キャストも変更ありの為、照明や音出し・転換などが新しくなり、覚え直し…
11月はそうべえの上演も何件か入っているので、こちらも気合を入れてやりまっせ!!


なんだか色んなことを詰め込んで、覚えることが山ほどある、この秋冬シーズン。。でも、インプットが増えるのは幸せなこと。
これをしっかりお芝居として魅せられるかは私の努力次第…
という事で、明日も朝練、頑張りましょ!!



20191020234832f56.jpeg

先日の新潟の小学校での上演で頂いた、大きな花束。自宅のリビングが一気に華やかに!



滝田恵水



| 公演の舞台裏 | 23:49 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

つい先日の。。。

10月2日にロシア公演から日本へ帰国し、劇団へ到着するとすぐに
『ルドルフとイッパイアッテナ』の小学校公演で高山のホテルへ移動。
帰国してからバタバタと2週間以上過ぎている(-_-;)

ロシアのオムスク公演でお世話になった方々に感謝
田代さん、みきちゃん、ロマンくん、ダーシャさん
音響コーシャくん、照明ロマンくん、イリーナさん
その他
タチアナさん、イリーナさん(上記とは別人)、ビクターくん、アンナさん、アレクサンドラさん、アレックスくん
フランスチーム(LENAさん、Michelさん)、スペイン(Tianさん)、中国チーム(YUUさん達)
ほかにも沢山の人たちにお世話になりました。
皆さま心より感謝申し上げます!      ※写真はありますが、次回載せたいと思います。

その代わりといっては何ですが、
『ルドルフとイッパイアッテナ』で出演した自分の写真を。。。
お目汚しになりますw
魔除けにイケます!

ではではTatsukiでした~!


| 公演の様子 | 18:32 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 新しい記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>