>> EDIT

8月9日「14ひきのはる・なつ・あき・ふゆ」の公演について

8月9日に亀戸文化センターで行われる「14ひき」の公演ですが10:30~の午前の部は満席になりました。
午後の部(14:00)はまだ残りがありますが、残りわずかになってきておりますので、ご検討のお客様はお早めにご連絡くださいね!

公演の詳細はこちらです!

| ご案内 | 09:37 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

僕がなぜ人形劇をやるのかって?

こんにちは、禄里です。


人形劇をやっている僕の大きな楽しみのひとつは、上演先の子どもたちと話をすることだ。先生たちには帰り際に渡すアンケートをファクスで送ってもらい、感想をいただいているが、やはり観劇したばかりの子どもたちに感想を聞くのが一番いい。それに楽しい。いや楽し過ぎる。本当のことを言うと感想にかこつけて僕は子どもとおしゃべりしたいだけなのだ。遊びたいのだ。うん。そうなんです。

先日上演した群馬県の「こまがた幼稚園」での出来事。

上演後の僕らのところへ3、4歳くらいの男の子がトコトコとやってきた。少し恥ずかしいのか、手をコネコネしながらこっちを見ている。

かわいすぎるので即座に話しかけた。
「やあ。」

ちょっぴり恥ずかしそうなその子はちょっぴり笑顔を見せながら言う。
「あのさ、今日、楽しかった」

キタ〜!これがあるから人形劇はやめられない。
「本当かい?とってもうれしいよ」
歓喜する僕にその子は更なる追い撃ちをかける。
「またこんど遊ぼう」
・・・ク〜!うれすぃ〜ねぇ〜。なんたって「遊ぼう」という表現がいい。最大級の賛辞じゃないか。
「うん、遊ぼう。きっとだよ」
「ぼくの家に来てもいいよ」
え?マジ?僕たち出会って1時間ほどですけど。とりあえずお誘いに応える。
「え?いいの?電車ある?電車が好きなんだ」
「うん、あるよ」
「クルマは?クルマは好き?」その子はカーズの絵の描いてある服を着ている。確信的質問。
「うん、好き。あるよ」
「じゃあお菓子持って行くよ」
「うん。ありがとう」
いい加減なおっさんの言葉にお礼が言える3歳児なんてなかなかいない。
とそこで先生の声。「エイトく〜ん。ごはんだよ〜」
エイトくんは先生の方をチラと見、去り際にこう言った。

「じゃあママに言っておくね」

「う・・うん」
一気に現実味を帯びる訪問話。うれしいけどちょっと待て。
エイトくんはそのままぴょんぴょんと跳びはねながらうれしそうに去って行った。


エイトくんは本当にママにこの話をしたのだろうか。
それは僕にもわからない。

でも、もし来年、またこまがた幼稚園で上演することが出来て、少しお兄ちゃんになったエイトくんに会えたとしたらこんなに嬉しいことはない。

人形劇をやってて良かったと思えるささやかなひとときをくれたエイトくん、

どうもありがとう。

| 劇団の日常 | 23:39 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

早起きは三文の徳?

突然ですが、私はよく寝ます。
できれば理想は7時間寝たい、休日はお昼まで寝ていたいタイプ。
しかし、そうとは言っていられないのが上演の日です。

朝10時からの上演の場合、会場に8時に入ります。そして、劇団から2時間かかる所だと、劇団出発は6時。
家を出るのは5時。つまり、起きるのは4時半!!

朝4時半ですよ!

なかなか普段は無い時間ですよね!!

前の日は早く寝なくちゃと22時を目標に準備するのですが、普段そんな時間に寝てないからあれやこれやと用事をしている間にもう0時…!
ヤバい、4時間ちょっとしか寝れない!
しかも、気が張ってなかなか寝付けない…

そんなこんなで、上演の日はけっこう寝不足なのです。
でも、上演の間はアドレナリン出ているのでランランなんですが、帰りの車の中、特にお昼ご飯後なんて、車内は眠り姫達がたくさんいらっしゃいます。
今もこの文章を書いている隣でグースカピーの人がいますよ〜
運転手様にちょっと罪悪感…
スミマセン、ありがとうございます。

7月に入ってますます日が昇るのが早くなって、もう5時でも明るくなってきました。
朝から清々しい気持ちになれるのは早起きならではですね。
ちょっと前までは朝早い日はまだ真っ暗で夜みたいだったので、なんだか寂しい気分でした。

でもまぁ、普段から5時起きなんてできないのですが。
目覚まし5分おきに3回かけてやっと起きれてますので…。

最近の休みの日の楽しみは目覚ましをかけずに寝る、です。
なかなか忙しくてできないのでお昼まで寝ていてもそっとしておいて下さいね。

みよしでした。

| 劇団の日常 | 15:51 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちいさいアリババ、、からの新作!


6/26,27は気仙沼市民会館にて、「ちいさいアリババと40人の盗賊」の公演でした。
2日間で3ステージ!
稽古から本番まで、アリババ漬けの1週間でした。
なかなか稽古時間が取れない中、色々頭に詰め込んで迎えた本番でしたが、子どもたちは3回とも拍手やら歓声やらとーっても反応が良くて、100点満点パーフェクト!!なリアクション☆
教育委員会の方からは揚げパンの差し入れをいただいたり、今度はフカヒレを食べに遊びに来てね!と言っていただいたり、とっても温かい気仙沼の方たちだったのでした。

2019063007265102b.jpeg


沢山の小学校の合同鑑賞とあって、書いた色紙もこんなに沢山!この他にも何枚か。
たくさんの方たちにアリババを楽しんでもらえて、幸せな2日間でした♪

さあ、次は毎年恒例の新作づくり!!
今年の作品は内田麟太郎さん原作のともだちシリーズから「ともだちくるかな」。先日、キャストと美術班で打ち合わせを行いました。
まだ細かいことは言えないけれど、人形とか、セットとか、楽器とか音楽とか、なんだかなんだか面白そうな予感…!
今年の夏からは君のところに、ともだちくるかな?!
20190630072741b1d.jpeg

| 公演の様子 | 07:32 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

梅雨入り

この時期いつも気になることが。。。
湿気による機材や舞台セット、それに幕関係のダメージがそれである。

劇団にとっては機材やセット、幕関係のダメージは使用時に発覚することが多い。
日常的にメンテナンス出来たらベストなのだが、
多忙な日々を過ごす昨今に様々なことに気を配ることが難しいのが現状である。
しかし本番当日、仕込みの最中にその様な事態に出くわさないよう、
日々の上演の隙間をぬって何とか最善の舞台を作っている。

「あぁ湿気なんて無くなればいいのに!」と時折叫びたくなる。

でも暑い夏がやって来ることをおもえば。。。

そんなことを想いながら夏に向け準備を進めている今日この頃^^;

Tatsuki でちたw

| 劇団の日常 | 20:54 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< 新しい記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>