<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

2021年 新年を迎えて

朝の散歩の途中、信号を渡っているとその鼻先を後ろからやってきた乗用車が猛スピードで横切っていきました。「バカッ!何するんだっ」怒鳴ってみても後の祭り、むなしいけど助かった安堵の吐息をつきながら散歩道を歩いていくと、梅が咲いていました、白い小さな梅の花です。大雪のニュースが伝わってくる中で、春の予感です。うれしい!!じっとしていても自然は確実に、変わらない営みを僕らに教えてくれている。

そういえば9月の半ばに生まれた赤ん坊――いえ、“ぼくの”ではなく“僕の娘の娘つまり孫”です。その赤ん坊の表情がどんどん変わってくるんです。赤ん坊語の辞典を作りたいなあと思うほどあれこれ喋ってくれて、相槌を打つとさらに乗ってきて尽きないぐらい。昨夜見た夢の話、これからやりたい夢の話、パパやママやお姉ちゃんへの愚痴などため息交じりに喋ります。(確かにあの人たちスマホやテレビ・ビデオに夢中だものね)チョッピリ残念なのはじっちゃんばっちゃんと過ごす夢はぜーんぜん無さそうなこと、だけど可愛い!
愛する者がいると心が広がって穏やかな気持ちを取り戻せて「そんなに急いでどうするの」って気持ちになってくる。

そうだ今年は丑年、じっくり構えてしっかりした舞台づくりでたくさんの子どもたちと出会えるように《がんばろう》・・・いつもと同じ口癖が出てきた年の初めのウォーキング、冷たい風と息苦しいマスク、でもきっといいことありそうだなあ《がんばろう》あ、また言った!春一番のお話。
〈ついでにもう一言〉
「心に太陽を、唇に歌を持て」戦後小学生のころに教わったこのフレーズ、これって80年の間けっこう役に立ってます。よかったら皆さんもいかがでしょうか?
いいですよ、きっと!・・・ではまた。      
2021年1月4日       人形役者の ヤマネヒロアキ でした
スポンサーサイト



| ご挨拶 | 09:22 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>