<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

夏の終わりに

こんにちは、禄里です。


今週、新作「いっすんぼうし」の上演が終わりました。観ていただいた幼稚園の皆さま、本当にありがとうございました。

「コロナ禍の大変な中で」とか勝手に思っていたが、幼稚園に行ってみるとそこにあったのはいつもと変わらない子ども達の日常。
猛暑でも関係なく園庭で遊び続けたり、汗びっしょりで顔を火照らせ何やらブツブツとひとりごとを言ったり、ベランダの床で力尽きそうになっているセミをオーバーに怖がって逃げたり、上演中にお芝居の解説をしてくれたり、廊下で会うと少し恥ずかしそうに控えめなバイバイをしてくれたり。

世界は大きく変わってしまったけれど、子ども達は何も変わっていなかった。ちょっぴり距離をとらなきゃいけないし、ちょっぴりマスクをしなければいけない時間もあるけれど。
だから僕らもいつもと変わらず人形劇を届けられるようにしたい。現在の状況としてそれはとても大変な事ではあるけれど。

人形劇なんか必要ないんだ自分なんか必要ないんだ、と思っているのは実は自分自身だけなのかも。非常事態の中でフツーにふざける子ども達を見ているとそんな風に思える。
たぶんまた会える。たぶんまた行けば歓迎してくれる。

だから人形劇はやめられない。おら、負けないぞ。
スポンサーサイト



| 劇団の日常 | 00:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>