<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

変わる環境=新しい世界?


なんだかぼんやりした不安がぐるぐるしているこの頃。
3月4月はコロナの影響で多くの上演がキャンセル・延期に。本来出来るはずだった公演が出来ず、出会えるはずだった沢山のこども達の笑顔にも出会うことが出来なくなった。とても悲しい。

そんな中、上演の無くなった私たちは〝今できること〟を探し、それぞれに動き始めた。


時間がたっぷりあるこの期間に、時間のかかる掃除をしよう!と立ち上がった「チーム・断捨離」は、ポポロ48年の歴史の中で溜まりに溜まった人形や舞台セット、そして幕の整理整頓に勤しんだ。「ギャー!!ネズミの◯◯◯ー!(※自主規制)」「ワァー!生首ぃー!(人形の)」と大さわぎしながら、過去の懐かしい作品やその当時の思い出などに触れつつ、稽古場もスッキリ。声が良く響くようになった。


そして中々マスクが手に入らない世の中。可愛くて実用的な布マスクを作って配ったら、喜んでもらえるのでは?と立ち上がった「チーム・布マスク」は、劇団のタンスを肥やしている様々な柄の布を使い可愛らしい布マスクを量産し始めた。そして、ちゃっかり劇団のアトリエで売り始めた。マスクは中々の売り上げで、勢いに乗ったチームは平面の他に立体のマスクも作り、あっという間に稽古場はマスク工場と化した。
そのマスクのおかげで劇団のアトリエには、今までポポロを知らなかったご近所の方々が足を運んでくれるようになり、「大変だけど頑張ってね」と温かい声をいただいたりもして、元気をもらえた。



コロナの荒波、そしていくつかの別れと出会いがあった最近のポポロ。色んなことがあって、今までとは働く環境が大きく変わった。いつ終息して、これからどうなるのか、先が見えない中で先のことも考えなくちゃいけなくてとても大変だけど、こうやって今出来ることをひとつずつクリアしていったら、だんだん新しい世界が開けていくような気もする。
ピンチはチャンス、災い転じて福となす。
そして、笑う門には福来たる!


とにかく前に、進んで行こう。

202004111948382d1.jpeg

(何となく面白い、絶叫マシンに乗る皆を見ている私と照明の渡辺さん)

滝田恵水
スポンサーサイト



| 劇団の日常 | 19:50 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>