<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

エム・ナマエさん追悼


emu_01_web.jpg

ナマエさんとは1975年第一回旗揚げ公演「マーシャとくま」の宣伝広告から参加し、
その後のあらゆるチラシ・ポスター・チケットに至るまで製作、ポポロのロゴマークなど
目が見える時代の宝物をいっぱい残してくださいました。

【ポポロ ロゴマーク】
popolo_rogo_haha_web.jpg
<人形劇を演じている人を表現している>
gejigeji_web.jpg
<通称“ゲジゲジマーク”チケットやポスターなどのマークとして使用。山根の顔をデザインしている。>

【原画の一部】
masha_ill_web.jpg
<すてきなマーシャ 1975年>
1st_masha_chirashi_web.jpg
<第一回公演チラシ 1976年>


★ 糖尿病により完全失明したのが1986年。今から33年前でした。透析を続け、10年といわれた命が持ち前のバイタリティーと好奇心、そして奥様(コボちゃん)との二人三脚で素晴らしい絵と本も書き、ニューヨークの個展で全米大手の子供服メーカー「カーターズ」
と契約をし、捨て身の大活躍でした。
★急死の知らせはメールによって知らされ、大変ショックをうけました。
え? なに? 追悼って? なんと6回目の月命日とのことでした。
★軽井沢の塩沢湖ほとりの美しい景観の建物のなかに、ナマエさんの全盲になってからの
やさしい絵があふれていました。コボちゃんに会えて、元気な様子にホッとしました。
いつも付き添い、手足になって長い間苦労されて…。でもとてもすっきりと?ふっきれてナマエさんの70年間を見守ってきたお話を聞けて、来た甲斐がありました。

IMG_0842.jpg
<エムナマエさんの奥様(コボちゃん)>

IMG_0843.jpg
<奥様を囲んで追悼展で記念撮影>


★ エム・ナマエがあちらの空よりまだ見て、笑っているのでしょうか。(奥さん談)
どうぞ、コボちゃんお元気で、ナマエさんに負けない素敵な人生を創ってください。
            2019年9月20日追悼展 軽井沢美術館にて  葛山美奈子

スポンサーサイト



| 公演の様子 | 15:00 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>