<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

●はじめまして。

3月末に入団したばかりの大山です。皆さんはじめまして。

ポポロに入ってから、私の体は劇的に健康になっている。
というのも、ポポロに入る前の私は、夜が更けてきた頃に起床し、空が薄ぼんやり明るくなってきた頃にふとんに入るという完全昼夜逆転生活を送っていた。

そんな中、急に予定していたより入団が早まるという緊急事態が発生。もちろん私の体がついていけるはずはなかった。
まず朝起きることが出来ない。母親にむりやりふとんをはがされると、まるで自分の皮膚をはがされたかのようなショックと喪失感。呆然として動けない。その上私は献血を拒否されるほど低血圧である。ベットにへばりつく体にムチを打ち、ごはんを体につめ込み、重い体を引きずるようにしてなんとか自転車に乗る。しかし、覆いかぶさるような眠気との激しい戦い。いっそほふく前進で行く方がまだ楽なのではないかと思えるほど、床との密着を切に求めながらの初出勤であった。

ポポロに着く頃には体が起きてくるのだが、やっかいなのが昼食後。
お腹いっぱいで意識が遠のいていく。視界はぼやけ、音も遠くなり、まるで水袋の中にいるみたい。
そんなとき、

「コーヒー入りました〜」

一口飲むと、その恵みの一滴はじわじわと体中に染み渡っていく。水袋の私は針で突かれたように、ハッと意識を取り戻す。輪郭がはっきり見え、いろんな情報が一気に入ってきて、世界がクリアになる。
3時のコーヒー文化は、ポポロを見習い全ての企業で取り入れるべきだと思っている。私はこの一杯にとても救われている。

そんなこんなで強制的に生活改善され、日中あらがえないような眠気に襲われることはなくなった。(はず)最近調子もいいし、だいぶ健康的になってきたのではないか。朝起きて生活することの重要さ学んだ3ヶ月であった。

こんなねぼすけな私を仲間にしていただいて、本当にありがたいです。でもまだ研修期間なので、クビにならないように頑張ります。そろそろ眠くなってきたのでこのへんで。おやすみなさい。

大山マリカ


同期のえいみさんが仕事で旅に出ているので、ブログ越しに応援。おみやげよろしく。
スポンサーサイト

| ご挨拶 | 21:16 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>