| PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

卒業。

こんにちは、禄里です。


私事ですがこの春、息子が小学校を卒業しました。パチパチパチ!

「何年か」ぶりに、いや「何十年か」ぶりに出席した卒業式は、「卒業」なんてものから遠ざかり留年が常態化しているかのような僕の心に、新鮮な風をいっぱいに運んできてくれました。もちろん号泣。息子はとても楽しそうだったけど。




そうだ。卒業しなきゃ。



いつもの仕事のやり方。何度となく上演して段取りになってしまった芝居。凝り固まっているであろう物の見方考え方。穴が開いても履き続けているお気に入りの靴。そしてつらつらと思ったことを書いているうちにどんどん長くなってゆく文章。


まあそれが何であってもいいのだけれど、「卒業」という言葉は鬼ひめ後に何となくくさくさしていた僕にとってどうやら次へ向かう大切なカギになりそうです。

夜の校舎の窓ガラスを壊してまわることはできないけれど、古い自分をぶっ壊して新しい何かを手に入れたり新しいどこかへ行くことはきっとできるはず。


ということは…

鬼ひめはさしずめ
「卒業公演」
になりますね。


やりたいな来年も、卒業公演。

毎年新しく自分がそして劇団が生まれ変わるため。次の方向性を指し示す僕らの卒業公演。

そういえば去年はこの時期「ルドルフとイッパイアッテナ」をやりましたね。やってるじゃん知らない間に卒業公演。あはは。来年は何だろ。


♪あと何度自分自身卒業すれば~
本当の自分にたどりつけるだろ~う♪

いいですね尾崎豊。




♪水野~の支配からの!

卒業~♪



あれ?歌詞間違えた?

| その他 | 19:29 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開Comments:

| PAGE-SELECT | NEXT >>