<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

2016年 新しい年度を迎えて

四月旅立ちの時、華やかに咲いた桜の花が時ならぬ冷たい風に襲われて吹雪の海をつくったと思ううちにもう赤や紅のつつじが待ち構えたように顔をのぞかせ、あっという間に春から夏へ季節を塗りかえていきます。

 ポポロも新年度を迎えて、長く咲きつづけ散りそびれていた老椿が相変わらずの執念をみせて「じごくのそうべえ」やら「ばけものづかい」更にはひとり芝居「ほんまのところ」やらと駆けずり回っている反面、「ルドルフとイッパイアッテナ」とか「どうぞのいす」など若い力による作品が新しい花として登場してきました。季節は着実に次のシーズンへと移っていくようです。
 老椿俳優がいつ花を散らそうかと頭を悩ませているとそんな心の隙を見つけてか心臓に異常が見つかり、そ知らぬふりで入院などの準備をしていた折も折、熊本・大分の大地震が起こりました。

 気が気でなく心配していましたが、手術を終えて病室に帰ってもしばらくはその後の様子を知ることもできず翌朝になってようやくテレビの報道でその甚大な被害と、まだまだ群発的続発的に起こっている激震のようすを知りただ驚き早く災害の収まるのを祈るしかありませんでした。
 多数の亡くなられた方々そしてそのご家族のみなさまに心からお悔やみ申し上げますとともに、被害にあわれた方々が一刻も早く平穏をとりもどされますよう祈りつつ心よりお見舞い申し上げます。
 今は、自分たちに何ができるか考え人形劇役者として精一杯の支援をしていかなくてはならないと思っております。
 
 自分の人生は人々を楽しませ勇気づけそして子どもたちの未来を開いていくために役立つようにと79年を生きてきましたが、ここでリセットしてもっともっと立ち働いていかなくてはならないと身を奮い立たせています。
 このような災害を見るにつけ命の大切さと生き続けるときの強い思いをどう抱いてゆくべきか改めて考えさせられました。
 いつか咲く花のために、いま咲く花はもっと元気よく咲き続けよう。
  
2016.4.16       人形劇団ポポロ代表  山 根 宏 章
スポンサーサイト



| ご挨拶 | 10:05 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>