<< PREV | PAGE-SELECT | next >>

>> EDIT

愛すべき人形たち

禄里です。今回は人形劇団員らしく人形の話題など・・・・

突然ですが、はっきり言って僕は葛山さんの製作する人形が好きである。いきなりこんな事を僕が言い出すと、やれ身内びいきだとか、やれマザコンだとか言われそうだが、好きなものは好きなのだから仕方がない。それに僕は葛山さんが好きと言っているわけではない、葛山さんの「人形」が好きなのだ。「オープニングショウ」のポポロおじさんやチュウタ、「はなたれ童子」の童子、「赤ずきん」のオオカミ、そしてポエムポエムに登場する双子のリスなど、どこかちょっと刺激的でイカレた雰囲気の野郎どもが僕は大好きだ。どれくらい好きかと言うと、僕の今後の人形劇人生は葛山さんの人形だけで十分なのではないかと思ってしまうくらいだ。いきなりこんな事を僕が言い出すと、じゃあ今後はその人形だけでオマエはやっていくのかとか、じゃあオマエは他の人が作ってくれた人形はいらないのかなどと言われそうだが、もちろんそんな事はない。当然だが人間と同じく人形たちには作った人から与えられた個性があり、それぞれの素晴らしさがある。そして僕自身も、色々な人が作る様々なタイプの人形を遣うことによって演技の幅を広げてゆけるのだと思う。いくら母ちゃんの肉じゃがが好きだからと言って、それしか食わないのでは体に悪いのと同じだ。とはいえこれから先の新作でも、葛山さんの手からどんな名作が生み出されるか僕は楽しみで仕方がない。

そんなわけで3月21日亀戸文化センター「がまくんとかえるくん」の人形も葛山さんの作品です。ちょっと刺激ひかえめのかわいい人形たちですので、お芝居はもちろんですがそちらも見どころの一つとしてぜひご覧くださーい!


(禄里さん!これはブログじゃなくてコラムじゃないすか!?長嶺より)
スポンサーサイト



| その他 | 17:22 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>