『近ごろ痛感する―子どもを《キケン》から守るには?』ポポロ代表 山根宏章

役者・脚本・演出・じっちゃんの狭間で  山 根 宏 章

近ごろしきりに見聞きする子どもが事件や事故に巻き込まれるニュース、痛ましく切なくやりきれない気持ちになります。しかも、だんだん多くなってきている気がするのです。どうにかならないのかなと思うと同時に、どうにかしなくてはと気がかりでしょうがないのです。
僕は仕事柄、子どものことがしょっちゅう気になります。でもそれ以上に、気になる事態が多すぎる気がするのです。
役者として、子どもに接することが多い。でも、こうやって人形劇に出会える子どもは幸せだなあとつくづく思うし、こちらもそのしあわせの相棒となって幸福を味わっています。勿論自分の持っているありったけの生命力を活かして相手の子どもたちをその幸福からこぼれ落ちないように気を配ります。コロナ禍のせいでこのところ存分に遊ぶこともできない子どもたちにとって、この時間はかけがえのない大事な時間だから一生懸命接しているのです。
と同時に、この子らにとっていま必要なものは何か、脚本演出に携わっているときには当然のことながらいつも考えつつ暮らしています。テレビやネットを見ている限りだとこの日本は一見裕福そうです。だけど片方で食事に事欠く日々を送っている子どもも知ってのとおり沢山います。どうにかしなくてはと思いながら実質的には何もできないでいます。

そんな中で、三連休を迎えてじっちゃんに孫たちの世話が回ってきました。親たちは仕事に出かけます。あとは無事にこの子たちを楽しく過ごさせ、おいしく食べさせ、元気に時間を送ることを、一瞬の手抜きもなく努めなくてはなりません。2才児は何をするかどこへ行くかわかりません。5才児はいろいろやりたいのにやれない不満がたまります。ついついDVDの力を借りたり、テレビ番組を見る仲間に引き入れたりしてはハラハラドキドキ一日終わって寝かせようとしてもなかなか寝ない、泣く、怒る・・・泣きたくなった時、「ただいま」「あっママだ」とたんに錠前が外れたように飛んで行き今日のいろいろをしゃべるけど、ママは《スマホ》をまさぐって生返事!ひょっとしてこれが可愛い子どもを危険にさらすきっかけになるのでは・・・?
おとなはもっともっと子どもを、子どもの今を正面から相対してみる訓練をやる必要があるのでは…?とその時、「あの子見つかったかな?・・・まだなの、心配ねえ」とまだスマホを覗いているママでした。
あああ、何とかしなくっちゃ、子どもが危ない!ただもう祈るのみのじっちゃん役者でした。・・・・・・ホントになんとかしなくっちゃ。
スポンサーサイト



09:26 | ご挨拶 | comments (0) | edit | page top↑

台風と14ひきとたまごやき

大嵐がやってきましたね!

皆様、コロッケは用意しましたでしょうか?


最近まで台風の日にコロッケを食べる風習を知らなかったのですが、どうやら2012年ごろから流行り出したネットミームだそうです。縁起がいいとかハレとケとかそう言うのは関係ないようで、ただのネタとして親しまれており、「台風コロッケ」と言う名前で呼ばれているようですね。

私はコロッケにはソース派です。ケチャップも好きです。


さて、一昨日は「14ひきのおつきみ」、今日は、「おしゃべりなたまごやき」上演の日でした。上演ラッシュです。

雨男や雨女が揃っているポポロでは上演日に雨が降るどころか台風が来ることも多々あるので、このくらいではへこたれません。でも皆様はお気をつけくださいね。窓にテープを貼り、犬をしまいましょう!


また来月頭には「14ひきのおつきみ」の公演がまたあります!大変人気の作品ですので、早い段階で予約が殺到し、午前中は満席になってしまいました?

しかし、午後はまだ余裕がございますので、ぜひご検討ください!

かわいらしいのねずみの一家が、おつきみをするために奮闘する姿を是非ご覧ください!

ながや




16:57 | 劇団の日常 | comments (0) | edit | page top↑

久しぶり!

年に何回か会う友人や親戚など、久しぶりに会うと毎回新鮮な気分というか、良い刺激になったな、などと思う事があります。
さて今回、半年ぶりの再会を果たしたのは人形劇「14ひきのおつきみ」です。あまりにも久しぶり過ぎて戸惑いが先行してしまいましたが、また改めて新鮮な刺激をうけました。
とは言え、いざ稽古を始めてみるとかなり抜け落ちているところがあり、なかなか思い通りにいかなくて大変でした…
思い出せないところは、以前撮った映像が力を発揮しました。映像は嘘を吐きません。自分のやった事は全て映ってます。思わず頭を抱えてしまいました…
本番まであとわずかです悔いの残らないように万全の準備をして臨みたいと思います。作成者田村。
13:07 | 劇団の日常 | comments (0) | edit | page top↑