<< 2018-07- | ARCHIVE-SELECT | 2018-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

飯田人形劇フェス

先日飯田人形劇フェスティバルに行って来ました。日本最大というだけあって、海外の人形劇や伝統人形芝居やプロの劇団やアマの劇団などなど数えきれないほどの上演が日々行われて、各会場は大変賑わっておりました。このフェスでしか観れない劇団も沢山あるので時間の許す限り観て周りました。公民館泊にて、普段なかなか会わない地方の劇団の方などと少しお話できたり、また思わぬ劇人との再会などあったり、こういったフェスならでわの出来事がまた刺激になりました。プロ、アマ問わず皆気持ちのこもった素晴らしい上演ばかりでとても充実した時間を過ごす事ができ、とても勉強になりました。また来年も行けたら良いなと思っています。作成者田村
スポンサーサイト

| その他 | 19:40 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ポポロも暑さもひとやすみ♪

台風の影響ですが涼しくなりましたねー!
猛暑が続いていましたから、なんだかほっとしますね!
ポポロの夏の公演もひと段落して、劇団員の皆もほっとしているように見えます♪

各地で行われたフェスティバル、
「ルドルフとイッパイアッテナ」「14ひきのおつきみ」「人形づくりワークショップ」に
ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました!!

残すは「いいだ人形劇フェスティバル」!そちらもどうぞよろしくお願いしますね!

今年は初の試みだった「ルドルフ」のバックステージツアーや
ワークショップなど、お客様とお話したりできる時間がいつもより多かったのが嬉しかったですねー♪
各地のスタッフの方にも本当に色々とお世話になりました!

たくさん嬉しい事はありましたが、特に印象的だったのは
終演後の送り出しの時の大人の方から「ブッチーが一番大好きです!!」と
ブッチーをガシガシ撫でてくださったことですね…!
大人の方からこんな激しく可愛がってもらったことはなかったので感動でした笑

この時もそうですが、送り出し中はお客様からのちょっとした一言が嬉しくて、
思わず涙が出てることがちょくちょくあるんですよね…^^;
が、「ルドルフとイッパイアッテナ」の公演は全身びっしょり汗だくになっているので、
涙が出ててもばれない(と思う)ので、助かっています笑

では最後に、そんな楽しかった夏の公演中に撮った写真をちょっと公開して
今回のブログはおしまい~♪またね!
かわのでした!

2018年夏の公演_180808_0011
佐久のフェスティバルのワークショップの呼び込み宣伝中のお二人。

2018年夏の公演_180808_0007
佐久での講師たち♪

2018年夏の公演_180808_0005
ルドルフ本番前。客席での演奏があるので、導線をチェック中。

2018年夏の公演_180808_0004
舞台袖でリハーサル中のイッパイアッテナ。

| 公演の様子 | 14:13 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クーラーが壊れたかもしれない

稽古場のクーラーの調子が悪い。最近節電のために設定温度を上げたのだとばかり思っていて、深く考えずに汗だくで稽古していた。あまりにも暑くて息ができないなぁと思いふと見ると、設定温度が20度になっていた。キンキンに冷えた事務所は26度設定である。これはおかしいと思い、まずフィルターを見るも、ピカピカに綺麗で、室外機の周りの草を刈ってみたり、室外機に水をかけたり(冷やすため)したけれど、一向に冷えた空気を出す様子はなく、ぬるい風を吐き出し続けているのだった。

そもそも我が家ではお客様が来た時しかクーラーをつけてはいけないという暗黙のルールがあり、これをこっそり破って快適空間で暮らすと、翌月の電気代で知れわたり家族中から罵倒されるという恐ろしいことになる。幼少時代からこの文化の中育ったため、クーラーをつけた空間で暮らすことに罪悪感を感じるようになってしまった。可能な限り、室温の変化に関わりたくない。暑い、とか寒いとか思っても、自らクーラーをつけたり消したりということが、社会のどのコミュニティに属しても、主張できない人間になってしまった。だから室温を変化しなくてはいけない夏と冬は、できるだけ一人でいる方が気が楽だなぁと思う。クーラーをつける罪悪感にプラスして、誰に対しての適温を設定すればいいのかわからないストレスもある。

といってもこの気温は暑すぎる。稽古中も暑すぎてぼーっとしてしまう瞬間が何回もある。どうにかしないとなぁと思いつつ、昔は無かったのだしと言われると確かにその通りで、母曰く、「無いなら無いなりの生活がある」のだ。

我が家の教訓を胸にこの夏を乗り切ろうと決めた矢先、一人クーラーの中すやすやと眠る母を発見、かける言葉もなく、我が家の暗黙のルールが暗黙に破られていることに衝撃を受けた。

我が家もクーラーをつけている今年の夏(本当に凄いこと)
稽古場のクーラー早くなおらないかなぁと思いつつ、何も言い出せず、保冷剤を首に巻く私であった。おわり。

大山

| その他 | 00:19 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |