<< 2017-10- | ARCHIVE-SELECT | 2017-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

新しい明日が待っている♪



今、ルドルフ班はマイシアター高松さんの例会にはじまり鹿児島県の巡回公演を2週間近く行っている最中です。
次々と会場が変わり宿も環境も変わり体調を崩さないように緊張感につつまれた毎日ですが、毎回初めて出会うお客さんの楽しさに満ち溢れています☆
やっぱり、
人は人に救われるのかしら、、、

長い旅公演中、鹿児島で休日がありました。
近くの公園でアマチュアの人達のコンサートがあり、リコーダーにゴスペル、ジャズに合唱と興味をひかれるものばかり。
演奏してる人達は下手上手い関係なく思いっきり楽しんでる様子があまりにも格好よく素敵すぎて私の心にズキューンと来てしまいました☆何だかやさしい気持ちにもなれて、見知らぬ子どもとじゃれたり、道ばたでダンスバトル?!をしてしまったり♪
帰り道に迷っていたら親切に調べて案内してくれる人。んん~やさしい。

落ち込む事もイヤな事もある。でも、一緒にいる仲間の言葉一つで世界が変わる。

やっぱり、人は人に救われる。
そんな日々にワクワクする
そんな日々にドキドキしてしまう。

後半戦の鹿児島での公演がはじまります。
心と身体にたっぷり栄養をとりました!さぁ~

あした あさって しあさって
あたらしい未来がやってくる♪

☆★☆★水の~♪★☆★☆
スポンサーサイト

| その他 | 21:29 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

箱作

人形劇には、使う道具、人形など沢山ありますが、なにげにそれらを収納する箱も大切だったりします。むき出しにして運べないものが沢山あるからです。けして主役ではないそんな箱達を作っていると、妙な愛着や敬意の念のような不思議な気持ちが沸き立ってくるそんな秋の日です。作成者田村

| その他 | 21:20 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●のこり2ヶ月。今年中にポポログッズを作りたい。

私には絶対に入っていけない話題がある。どうしても入っていけない。やむを得ないときは知ったかぶりしている。でも劇団内で頻繁に話題に上がる。
「あの〇〇っていう俳優の演技上手いよね〜」という類のやつ。
恥を忍んで打ち明けるが、正直ドラマや映画を見ても、俳優の演技が上手いか下手かということが全然分からないのだ。演劇をやってる身として致命的なのでは…?と思うが、感覚として全く理解出来ない。なんならお芝居に興味がないのではないか….?と不安になってくるが、思い当たる節は沢山ある。

まず、一切ドラマを見ない。自主的に映画を見ることもほぼない。珍しく舞台を観に行ったときに、記録としてビデオを回していたらしく、上演中の客席を映したときに、こくり、こくりと船をこぎ、定期的に画面からフレームアウトする爆睡中の私がばっちりと写っていた、ということもあった。

特にお芝居好きという訳でもない私が、何故劇団にいるのか?スポーツ観戦はしないけど、運動するのは好き、みたいな感覚なのか?

どうして人形劇やってるのというのはよくされる質問だが、その「人形劇」というところがポイントである。ただの劇だと私の興味の枠から外れてしまう。

人形が動いているのを見るというのは不思議な感覚である。私とは違う重力で飛び跳ねる違和感。人形がボールを持っている。何か食べている。服を脱ぐ。それだけで何故かワクワクするのだ。現実の世界にいながら、非現実の世界を覗き込んだような感覚。
本当はただの布切れにわたをつめただけの人形が、自分の意思で動いているように見えたとき、現実と非現実の世界が反転して、私は人形たちの世界にお邪魔しているような気持ちになる。そこが、人形劇のたくさんある魅力の一つである。


でもやっぱり演技の良し悪しがわからないのは致命的かもしれない。どうにかしたい。
「この間の映画で〇〇の演技すごくよかったよね〜」という話題に入っていけるようになることが、当面の私の目標である。


大山マリカ

| その他 | 00:27 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

湯けむり公演



11月に入り、ぐっと冷えてきましたね。お風呂が恋しい季節到来です。
昨日は福島県大玉村の保育所で「てぶくろ」の公演でした!
その時に泊まった宿の温泉がとても良かったのでご紹介。

二本松市の岳温泉。
せせらぎ荘というホテルに泊まりました。
なんと、日本で3番目の美肌の湯と紹介されている名湯。
初めて行ったのですが、なるほど納得のお湯。白濁でちょっとぬるりとしていて、硫黄の香り。
こりゃ効くぞーと、のぼせるくらいに入ってしまいました!
たぶん10歳は若返ったはず!!
宿の方もアットホームでほっこりして疲れもすっかり取れました。
朝ごはんも驚く程のボリューム。
しっかり食べて上演に向かえました!


しかし、こんなにお湯も良くてご飯も美味しくて、人も素敵なのに、震災後お客さんは随分減ったそうです。
「フクシマ」の風評被害はまだまだ色濃く残っています。
普段、思わないで生活しているのですが、やはり地元の方のお話は圧倒的な現実を考えさせます。
悲壮感無く話されるその人柄に感慨深くなりました。


大玉村は毎年呼んでくれる大事なお客様。そして、今回は保育所で行うのは初めてでした!
いつも温かい反応と元気をいただきます。たくさんのお手伝い、本当にありがとうございました。
また、来年もお会いできるのを楽しみにしております!

そして、また行きたい岳温泉。
今度プライベート旅行でも行こうかしら…?オススメですよ~!!


みよしでした。

| その他 | 18:43 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |