| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

はや葉月、喘ぎあえいでやっと立秋にたどり着き。いまポポロは・・・

お蔭さまでなんとかポポロの10人元気を保っておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
  南九州をはじめ全国各地に被害をもたらした大雨で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。コロナ禍の下での復興作業はさらに困難極まりないでしょうし、そのうえ梅雨明けとともに猛暑の日々が襲ってきました。くれぐれもご自愛くださいますよう切に願っております。
  
夏になれば暑さに弱いウイルスは退散すだろうという根拠のない予想はあっけなく裏切られて、巨大な感染の第二波が全国に覆いかぶさり淡い期待を寄せていた地方巡演の予定も次々キャンセル、辛くも延期となったところへは出来る限りの感染対策を張り巡らせて舞台の火を灯せるように今日をしっかり生きていこうと誓い合いつつ、ディスタンスを保ちながら、芝居の熱を無くさず、熱中症に気をつけてと、矛盾だらけの日々の中、いい汗冷や汗脂汗に浸っています。
  とはいえ霞を食って生きるには修行が足りず、マスクの売り上げはか細くて備蓄の米びつも底をつきここが思案の正念場と思いまどいながらも、道行く方々から遠くの友人知人まで「がんばれ!」「続けていって」と励ましの声とカンパをいただいて気を奮い立たせております。
底知れない病魔と相次ぐ自然災害との戦いで社会全体が困難の真っただ中となると子どもたちのことは忘れ去られがちであり、とくに心の成長には目が届かなくなっている今こそ、私たち芸術芸能に携わる者の役割はさらに重要だと考えています。
この災厄に打ち克つすべを様々な知見と自らの熱意をもって見つけ出し、しっかりとした対策をもって《安心の中で心の広がる世界を子どもたちにしっかり届けたい》という私たちの思いを実現できるよう万全の準備を持って臨んでゆきます。
皆さまご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
暑さはさらに厳しくなります折から熱中症にもお気を付け下って、どうぞ皆さまつつがなくお過ごし下さいますよう心からお祈り申し上げます。
劇団代表  山 根 宏 章 

【ついでながらお知らせ】
8月31日(月)22時から放映の、フジTV系列の番組「所JAPAN」に私が出演しています。人形ともども元気に愛嬌を振りまいてますので、ぜひぜひチェックしてみて下さいね!
番組のHPはこちら
スポンサーサイト



| ご挨拶 | 10:34 | コメント:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ポポロの今をご報告いたします。

水無月を迎えましたが、おかげさまでポポロはなんとか健在です。
 新型コロナウイルスが不意にやってきて世界を蹂躙し、私たちの日本にも猛威を振るっております。皆様つつがなくお過ごしでしょうか?もしや運悪く罹患された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、不幸にもお亡くなりなられた方々とご家族様には謹んでお悔やみ申し上げます。
感染拡大のためすべてのイベントは出来なくなり、ご多聞に漏れず私たちポポロも2月後半から3月にはすべての上演はキャンセルとなり、そのあとも国の緊急事態宣言のもと4・5・6・7月と将棋倒しのようにすべての活動が自粛休業でストップ状態となり、50年間毎年続けてきたおなじみの保育園でさえ8月初旬の公演ができなくなるという、泣くに泣けない困難に陥りました。
そんな中で、細々ながら手作りマスクによって活動の継続と創造の確保を目指しておりましたところ、地域の方々が「がんばって!」と激励かたがたマスクを買い求めて下さったり、近くの水道道路のそばのおじさんには「ここは人通りが多いから売りにおいで」と軒先を貸して頂いて大好評を博したり、新宿子ども劇場からは数度にわたって「子ども用から大人用マスク」をたびたび注文をいただいたり、やはり40年以上のお馴染みのミチル幼稚園さんからは「ブログを見たから」と70枚など大量注文があったりでその都度《にわかマスク工場》は活気づき、あるいは「おつりはいらないカンパだよ」なんて2000円とか3000円とか置いて行ってもらったり、知り合いから通りかかった人まで「子どものための文化の火を消さないで、頑張って!」と多くの人たちからの激励をいただいて、うれし涙とともにしっかり頑張ろうという思いを新たにしているところです。
コロナ禍はまだまだ収まる気配はありませんが、3月には中止した公演を宣言解除とともにいち早く「6月後半に上演しましょう」と山梨のひまわり幼稚園さんからお電話いただいた時には上演班はもとより劇団員みなうれし涙にわきました。上半期唯一の上演を宝物にして、いまポポロはにこやかに歩みを再開しております。この先まだまだ困難は続きそうですがお客様や地域の方々との絆そして感謝を忘れず、しっかり劇団活動を推し進めて参ります。
暑さ厳しき折から皆様もどうぞお元気で、またお会いできる日を楽しみに、お健やかにお過ごしくださいますよう心からお祈り申しあげます。
2020年6月16日     人形劇団ポポロ代表  山 根 宏 章

*凡人の句を水無月に寄せて一句  『コロナとも付き合う覚悟田の月に』

| ご挨拶 | 13:52 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

新年あけましておめでとうございます★

1月12日(日)はポポロのおとし玉公演でしたー!!
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました♪

ありがたいことに今年も満席となり、
お断りせざるをえなかった皆様、申し訳ありませんでした><
またお会いできる機会にはぜひともよろしくお願い致します!!!

今年のお年玉公演は「ねずみ年」ということで
ポポロにたくさんいる「ねずみ」さんの人形たちが大活躍しました♪
日々ポケット劇場で活躍している「チュータ君」や
「おむすびころりん」にでてくるたくさんのねずみさん、
「トロトロとガアガ」にでてくるはりねずみの「チクチクおじさん」などなど・・・!
内容は2020年のオリンピックにちなんだものとなっておりました★

そして恒例のおとし玉抽選会に本編は「ともだちくるかな」でした♪

おかげさまで無事に楽しく終演できました!
本当にありがとうございました。

2020年!
皆様にとって素敵な一年になりますように・・・!

今年も人形劇団ポポロをよろしくお願いいたします!
ポポバム_200114_0023
14ひきシリーズのねずみ達と劇団員で新年のご挨拶♪
14ひきのねずみたちのように
家族のような暖かい劇団でいたいですね~!

あ!現在、劇団員募集も行っておりますよ♪
滅多にないチャンスです!
詳しくはこちらをご覧くださいね!

ではでは!かわのでした♪

| ご挨拶 | 11:17 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年のご挨拶

七草粥をいただいてホッ。
まだこうして生かされ舞台に立ち、お客様と新年のご挨拶を交わす悦びを味合わせてもらえる極上の幸せ。
ポポロを立ち上げて47年を無事に迎えることが出来たのは唯々お客様あってこそのものだという思いで、ほんとにありがたい気持ちでいっぱいです。
 それにつけても、昨年の西日本豪雨から半年のいま、まだまだ仮住まいの日々を送っていられる方々が沢山いらっしゃる現実、その前の大阪北部の地震やその前年の九州北部地震で被害を受けられた方々、さらには8年前の東日本大震災の影響で今なお原発事故による避難生活が続いている方々などなど、今なお苦難の日々を送っておいでの方々に心からお見舞い申し上げます。
とともに戦後74年に及ぶ沖縄の米軍基地の様々な問題とりわけ辺野古のたたかいは私たち自身の問題として住民の方々と思いを一つにして取り組まなくてはならない直近の課題だと思っております。
一方、今の社会的状況の中で日本の子どもたちは追い立てられ、心を豊かにするいとまも機会も奪われています。大人の私たちは特に演劇に携わる者としてこの問題にしっかり立ち向かっていく責任があると思います。
確かにわたしたち演劇人はみんな経済的にも苦境に立たされている現実があるとしても、これもまた私達に課せられていることとして取り組んでいく必要がありますから、常に健やか爽やか晴れやか軽ろやかとヤカ族になって、にこやかに苦難に向かって進んでいきたいと思います。そうして笑顔を生み出していきましょう、少しづつ‼
みなさま、今年もポポロをどうぞよろしくお願いいたします。

人形劇団ポポロ代表  山 根 宏 章

| ご挨拶 | 11:38 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年は吠えます!

あけましておめでとうございます!

2018年がスタートしました。
昨年は海外公演(中国、ロシア)へ行ったり北海道~鹿児島、八丈島へ行ったりと忙しない1年でしたが、今年はどんな1年になるのでしょう!?

晴れた日に芝生で寝転び空を眺めながら、じっくり物事を考えたり想い描いたりする時間がほしいなぁ…。
とよく現実逃避しますが、そろそろ無い物ねだりはヤメテ現実と向き合おうとおもいます。

まずは2月11日(日)稲城市のiプラザで公演する「ルドルフとイッパイアッテナ」に集中します。

想いが胸に残るような作品を
そして心に潤いを!
7025.jpg

Tatsukiでした

| ご挨拶 | 11:49 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2018年 新春を迎えて  

新年あけましておめでとうございます。

  昨年は、さねとう・あきら先生一周忌追悼公演「鬼ひめ哀話」を皮切りに、初めての海外公演が6月に中国・四川省南充市へ「ばけものづかい」で、9月にはロシア・オムスク市へ「鬼ひめ哀話」でと二回も立て続けに人形劇フェスティバルに参加し、国内の夏フェスでは「ルドルフとイッパイアッテナ」を東京・佐久・飯田の各地で出演、さらには新作「14ひきのはるなつあきふゆ<その2―-あき>を制作上演、その合間を縫って長期の旅公演が北海道・北陸・鹿児島etc・・・と、驚異的なスケジュールに追いまくられました。10人足らずの劇団でよくもまあと我ながら舌を巻いております。

  とはいえ終わってみれば楽しい記憶ばかり、さらには[日本舞台芸術家組合賞]までいただいて、明日ぽっくり逝くのでは・・・と年を越すのが心配でしたが、暇ができると体を壊す悪い癖もウイルス性胃炎ぐらいで何とかしのいで、快晴の新年を迎えることができました。

  さて、去年の反省に立って考えてみるとき、忙しさにかまけて自分たちのことばかりに終始していた思いがあります。もっと社会に貢献する活動に目を向けなくてはならないこと、広く演劇の仲間やさまざまな舞台活動全般にかかわる人たちとの連帯と連携を深めなくてはならないこと、芸術家としての自覚はもちろんその責務と権利についての意識的な取り組みとディスカッションを具体にやっていくこと等々、プロとしての課題が山積みです。

  そして、自分たちの大切な相手である子どもたちの置かれている現状とそしてその親たちが抱えている諸問題など、自分たちは社会的な要望に応えられているのか常に考え実践していく中で自分たちの成長を図り、さらには現在の政治のゆがみを正していく運動に積極的に参加していかなくてはなりません。文化予算を引き出すだけでなくそれ以上に、文化そのものの価値をもっと訴えて、この国における文化の地位を高めていく必要があるのではないか?その土台が自らの意識の変革にあるだろうといま改めて思っています。

  それにしても、人形劇の仕事に携わって62年いつもどうやったら人を喜ばせられるかばかり考えてきたような気がします。そう、客に対しても仲間に対しても。

 それは自分をとってもいい気持ちにさせてくれるから少しも苦労は感じなかったけど、時間に追い回されて自分の年がいくつなのかわからなくなっちゃったようです、認知症の始まりかな?あぶないあぶない。

  さ、今年も張り切って《元気が取り柄》で走り回ろう!みなさんよろしく!!

 劇団代表  山 根 宏 章

| ご挨拶 | 14:13 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

さねとう・あきら先生追悼公演と3月11日のつながりを想う

不思議な巡り合わせです。この日がぽっかり空いていて、先生の一周忌に合わせた形で追悼公演が打てることになったのです。
東北から北海道をくまなく自分の足で歩いて、生きてきた民衆の確かな姿をとらえその中からその魂を受け取って、数々の創作民話を手掛けてこられた先生にとってもこの日は特別な意味を持っていたのではないだろうか。

過酷な自然の災害や時の権力の圧政が何度も様々な形で襲い掛かってくる中をしたたかに生き抜いてきた民衆の底力や知恵や願望をリアルにそして壮大なイメージを持って描いてこられたのを、先生の作品群に接して僕たちはうかがい知るのです。

今度の公演『鬼ひめ哀話』の原作「おにひめさま」は、先生が初めて出された創作民話集《ゆきこんこん物語》に集められた作品の一つですが、そこには表面的ではない深い深い愛情が込められているように思います。そしてそれは人の心の奥底に潜む愛憎を見つめ続けながら一筋縄ではいかない《のぞみ》を追い求めて生きる人間の有様を率直にそして詩的に昇華されて子どもたちに届けられているのではないでしょうか

《のぞみ》は希望・欲望・絶望・羨望・野望・・・などなどに形を変えてその姿を現します。
先生の作品を読むとき一種の怖さを感じるのは、その変化(へんげ)の果てしなさ奥深さを垣間見るからではないかと思うのですが、これは臆病なぼくだけが感じることなのかもしれません。

間もなくその3月11日12日の公演がやってきます。
先生の心にそった舞台を作り上げられるよう日々精進するとともに、あわせて東日本大震災の鎮魂の日としての思いをかみしめて舞台をつとめたいとおもいます。

2017年2月8日      人形劇団ポポロ代表 山 根 宏 章

| ご挨拶 | 17:00 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2017年 新しい年を迎えて

七草粥をいただいて、自然が与えてくれる、ほんわかとした季の味を忘れかけている自分に気が付きました。五臓六腑にしみわたってゆくこの味、ふるさとの草のにおいまで蘇ってきて、もうじき八十の坂へさしかかるこの身にとって大切なこと、それはこのような味を忘れずに嗜みながら生きる・・・だけでなく、伝えていく役割もあるのかな、と思ったりしながら幸せをかみしめ、これもまた平穏な年明けだったからと、心底ありがたく思います。

と同時に、いまだ復興がままならない福島をはじめ東北、そして熊本の方々、さらには昨年末に大火があった糸魚川の方々へ心からお見舞い申し上げますとともに一日も早く平穏の日々を取り戻されますようお祈りいたします。

さてところで、わたしたちは今、故さねとうあきら先生への追悼公演の準備を進めているところです。選んだ作品は「おにひめさま」。10年前の公演でわたしたちは、さねとう先生自ら台本・演出にわたり監修していただいて気迫にあふれる舞台を経験し、その後も「鬼笛」などの作品で病気療養中のからだをおしてご指導をいただいたりと、わたしたちにとってなくてはならない存在でした。
ですから、昨年3月不意に他界されて、わたしたちは羅針盤を失った思いでしたが、気を取り直し今回の公演を最高の舞台に仕上げようと企図いたしました。全国の小学校、中学校、高校でも上演できるといいのですが・・・。

日本全国の端々へ学校公演に出演し続けながら、子どもたちに舞台を届ける役割がどんなに重いものか身をもって体験してきましたが、だれもが同じ舞台を見られるこの機会をもっともっと拡充させていきたいもの、との思いをさらに強く感じています。
子どもたちに心の栄養を、分け隔てなく届けてゆくこの仕事を、自らの身体と心を鍛えて、いつまでもどこまでも続けていきたいものと改めて心に刻む新春です。

ポポロの人形達ともどもよろしくお願いいたします。

2017年1月     人形劇団ポポロ代表  山 根 宏 章

| ご挨拶 | 09:40 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年も一年ありがとうございました♪

今年ももう終わりですね~。
ポポロの2016年の上演のお仕事は無事にすべて終了いたしました!

大きな事故や怪我もなく、本当によかったです♪

来年はまず、毎年恒例のお年玉公演に始まり…
2月には「てぶくろ」!
3月にはさねとうあきら先生の追悼公演「鬼ひめ哀話」と
一般の方に観て頂ける公演が続きます!

たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています^^*

来年は酉年♪さらなる高みへ羽ばたく飛躍の年にしたいなぁ~!!!



来年も人形劇団ポポロをよろしくお願いします!

ではでは!
かわのでした♪
一年ありがとうございましたーー!!!

| ご挨拶 | 13:30 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

平穏な日常の大切さ

忘れてならないことを、不意を襲う震度4の揺れであらためて思い出す。
あたふたしながら瞬間、日頃の不備をあれこれ思いめぐらせつつひとまず無事を確認して、「ああ、なんでもなくてよかった」と腰を下ろしてふと考えさせられました。

 まだまだ揺れの続く熊本のこと、目に見えない放射線と格闘が続く福島のこと、70年たってもまだ戦後が続いている沖縄のこと、G7とかで初めてヒロシマを訪れる大統領のメッセージによってあらためて考えさせられる日本とアメリカの関係、何万人もの集会が憲法を守れと叫んでいるのにほとんど報道しない今のマスコミの姿・・・・・・平穏な日常の中でともすれば置き去りにされそうになりながら、さらに選挙が近づく中で見栄えのいい電飾のようなことばによってかき消されていくように思える「忘れてはならないこと」の数々です。

平穏な日常が確保されることがどんなに必要なそして欠かせないものか、しかも当事者にとっては誰にとっても緊急であり解決の施策が平等に行き届かなくてはならない筈ですから、どこまでも引き続き一緒になって格闘していこうと自らに言い聞かせています。
ひとまず自分にできることは60年間やってきた人形の舞台を通じて人々とりわけこどもたちに日常の笑顔を取り戻してもらえるように力を尽くすことから始めるほかないでしょうが。

 駅のホームから見下ろしたところに《花しょうぶ育ててます》と立札があって細長い剣のような緑の葉のところどころに蝶々が羽を広げているように紫と白それに黄色の花びらがひらひら風にそよいでいて、菖蒲といういかめしい名に似つかわしくない優雅なたたずまいを見せていました。
 旅から家に帰って辞書を引いてみると《花菖蒲》はアヤメ科、端午の節句の《菖蒲》はサトイモ科で別の植物とか。毎朝のウォーキングコースの道端にもあちこち咲いていて心をいやしてくれるので、水気のないところに咲いていて健気だなあと挨拶してみるのですが、だんだん萎れかかってきました。
 季(とき)はさっさと過ぎてゆく。《しょうぶのとき》を忘れないようにしなくっちゃと、兜の緒ならぬフンドシしめなおしてさあ頑張ろう!

 2016.5.19      人形劇団ポポロ代表  山 根 宏 章

| ご挨拶 | 10:12 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>