| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

日々進歩!?


ポポロの仕事は人形劇の役者だけじゃなく様々あります!
役者はもちろん、美術に作品づくり、作品を売る営業活動に宣伝活動。機材の管理にメンテナンス。整理整頓。照明に音響、、、etc.
そして、そして、事務!!
最近、私はこの事務と言う仕事を多くやっております。
実は今までパソコンとは無縁の生活を送っておりました。
パソコン→“こんぴゅーたー”的な、、、
だった私に転機が起こりました☆
パソコン関連にものすごく詳しい後輩に打ち込み作業のお誘いがかかり、
おそるおそる、
勇気を振り絞り
やってみる事にしたのです。
後輩は解りやすく詳しく教えてくれました。
「カチャ」「カチャ」
あれ??れ?
や、やれるじゃ〜ん!!私!!!
となり、少しの自信がつきました♪
何だか嬉しかった、、、アリガトウ

それから、
もっーと高度な打ち込み作業をやることとなり、その少しの自信が原動力となって
出来るようになったのでございます〜♪

今は
得意げに
「カチャ」「カチャ」やっております。
毎日進歩している技術が目に見えてわかるのは嬉しく、
おそるおそる、だった姿勢が前のめりになってきている今日この頃なんです!

芝居も毎日の進歩!?が目に見えたらいいのになぁ〜
そこは、、、「カチャ」「カチャ」

☆★☆★☆★水の〜♪☆★☆★☆★
スポンサーサイト



| その他 | 22:41 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

人形劇と登山

秋を次第に日々の中で実感しつつある今日この頃ですが人形劇以外で特に体を動かす事(運動)をあまりしておらずなんとなく体力の低下を感じておりました。体が資本なので、いざ本番という時にスタミナ切れで思うように動けないなんて事があってはいけません。日々の体力作りはやはり大切だなと感じて季節代わりの倦怠感も吹き飛ばすべく先日高尾山に登山しに出かけました。低い山だからとナメていた自分でしたが思った以上に急勾配な坂の連続で汗だくで息を荒げるところもありなかなか大変でした。頂上という目標に一歩一歩進む過程は、何処か作品作りにも共通する地道さがあります。近道はなくて険しい道のりを少しずつ進むしかないのです。だからこそ頂上(作品の完成)に到達した時の喜びは大きくて疲れも吹き飛ばすものでした。作成者田村

| その他 | 19:30 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

飯田人形劇フェスタ

いよいよこのシーズンがやってきました!日本最大の人形劇のお祭り飯田人形劇フェスタです!数日に渡り朝から晩まで全国各地のプロやアマの人形劇やパフォーマンスの団体個人が長野県飯田市に集い上演を繰り広げる素晴らしいお祭りです!今回は勉強も兼ねて単身で灼熱の飯田市に乗り込みます!私はポポロで「こひつじと角笛」というお話でオオカミを演じているのですが、もっと他のオオカミも観たい!参考にしたい!と常々思っていました。こういったフェスティバルにはそういった機会が沢山あるのでとても楽しみです!とにかく出演者の数がすごいので、とても多様性があっておどろきます。今年も新鮮で新たな発見を期待して乗り込もうと思います!作成者田村

| その他 | 10:33 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ファーストコンタクト?

「ルドルフとイッパイアッテナ」の上演で岡山県を巡業しています。色々な町を訪れますが今回は昭和の香り高いレトロな町並みをよく目にします。ある町での事ホテルのすぐ近くに築五十年以上は経っているであろう建物がありました。ちょうどその建物の裏側が見えたのですが錆びた看板に「お食事処」の文字がかろうじて確認出来たのでさっそく向かいました。近づくにつれて、その建物の古さボロさ色の褪せた感じなど確認するたびに私の心は不安になっていきました。そしていざ店の入り口に到着した時…一瞬で心を奪われてしまいました。店の、のれんが鮮やかな白、清潔感溢れる白がそこだけくっきりと存在していたのです。店全体との対比が凄まじい効果を生んでいました。狙ってやっていたとしたらかなりの演出家です。こういった見せ方は人形劇の舞台にも通じるある種の効果的な方法だなあと感心してしまいました。ちなみにそのお店はラーメン屋で、私は昼にラーメンを食べたので店に入らず帰りました。作成者田村

| その他 | 17:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バカな男のバカな判断。

こんにちは、禄里です。


先日こんな事があった。
妻と買い物に出かけた途中、本を返却するため図書館に寄った。返却のみなので妻ひとりで窓口へ。僕は駐車場に停めた車の中で待っていた。すると車が一台入ってきた。
その白い車は僕の隣に駐車しようと僕の車の目の前で一旦停止した。トヨタ・カローラのハイブリッド。ワゴンのタイプだ。運転席を見ると、年配の女性がハンドルを握っている。かつて話題になった和泉元彌さんのお母様、節子さん(だったよね?)のような感じの人だ。
・・・うーむ、少し心配。
何が?おばちゃんの駐車。車庫入れですよアナタ。失敗してウチのクルマにぶつけられたりこすられたりしたらヤダかんな。こういうおばちゃん、わりと危なっかしいタイプだ。
ゆっくりでいいからとにかく当てんな〜頼むよ節子ハハハ。

そして次の瞬間!

その間わずか10秒ほど。バックして一発ビタ止め。僕のようなくだらない切り返しは一切ナシ。
難なく駐車を終えた女性は、ふくよかな体にカバンをいくつも抱えながらせかせかと図書館の中に消えて行った。あっけにとられた僕を尻目に。
僕は思わず外に飛び出し前からその駐車の結果を見た。左右のバランスも完璧だ。素晴らしい。・・・おぉ・・。

すいませんでした。人を見た目で判断した僕がバカでした。どうぞ狂言の本でも何でもごゆっくりお読みになってください。失礼いたしました。


そういえば以前こんな事もあった。

夜遅く家に帰る電車に乗っていると、途中のターミナル駅でいかにも飲み会帰りの若者たちが数人でどやどやと乗ってきた。顔を真っ赤にした先頭の若い男は隣にいる女の子にしきりに話しかけている。スキニージーンズにデッキシューズ。肩口までまくられた半袖シャツ。金に近い茶色の髪を整髪料でバックにしている。日焼けした体に光るブレスレットとネックレス、耳にはタバコが挟んである。口元にはもちろんおしゃれヒゲ。
こういうサーファー風みたいな若者、アウトローのキケンなタイプだ。
その男はほろ酔い加減の女の子の肩にヒジを乗せ、ひたすら話かけながら乗車。オイ若ぇの、口説いてんのかハハハ。
と、彼らの立っている足元に誰かが捨てたタバコの空き箱が。踏みつぶすかサーファーよ。

そして次の瞬間!

タバコの空き箱に気づいた彼はおもむろにそれを拾い上げクシャっと握り潰した後、スキニージーンズの後ろポケットに押し込んだ。・・・おぉ・・・。

すいませんでした。人を見た目で判断した僕がバカでした。どうぞお持ち帰りでもしてください。そして波でも何にでも乗っちゃってください。失礼いたしました。


そして先日こんな事があったんです。

早朝、上演のため車で吉祥寺を通りかかると、歩道に朝早くから颯爽と歩く女の子の後ろ姿が。ニューバランスのスニーカーにレッグウォーマー、グレゴリーのデイパックの下に着ているカラフルなウインドブレーカーにはノースフェイスのロゴが見える。
山ガールかな?
髪は上にまとめておだんごにしている。かわいいね。
こういう女の子、僕はわりと好きなタイプだ。
山ガールを追い越すと前の信号が赤に。停車した僕の車の横を女の子は通り過ぎていく。せっかくだからどんなにかわいい子か見てみよう。

そして次の瞬間!

・・・・あれ?・・宇野千代さん?に似ていますね・・・きっと同じくらいのお年・・・なのかな・・お洋服素敵ですね・・
・・あぁ・・。

すいませんでした。人を見た目で判断した僕がバカでした。どうぞ高尾山でもエベレストでもカチカチ山でもお登りください。人生の厳しい山々を登っていらしたあなたにはわけのない事でしょう。若々しくて何よりでございます。素敵なご婦人であることに間違いはありません。失礼いたしました。


───────

僕自身は他人からどう見えるのかな。まさか人形劇が仕事だなんて誰も思わないだろうな。
ただのオッサンだと思ってる?そりゃまあそうなんですが。
やっぱり中身を磨かなくてはね。中身が素敵なオッサンになればいいのか。
なかなか気づいてもらうのは難しい事だけれど。

| その他 | 20:37 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

もしもしポポロです!



もしもし
ポポロです!

この時期のポポロは新年度に入り
スタートダッシュで制作と言われる
営業活動をしています☆

まずは新しいパンフレットの大発送!!
宛名シール貼りから始まり、挟み込みからの袋閉じ!
皆慣れた手つきであっと言う間でございます。すばらし〜☆
続いて
新年度に入っての電話掛け!
いつもお世話になっているところへのお誘いや新たな繋がりを求めて全国各地に電話でお話させていただいております!!

声だけは全国各地へ旅公演中

そら行け〜♪

もしもし〜わたくし
人形劇団ポポロの水野と申しますが〜♪

| その他 | 12:13 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日々の泡立ち

今月賃貸契約の更新を迎えます。早いもので人形劇団ポポロに入団して二度目の更新です。本当に時間が経つのは早いものです。いつのまにか年号まで代わってしまいなんだか自分だけ置いてきぼりになったみたいです。ふと気づくと入団当初に比べて普段人形をさわっている時間が減ったなと改めて感じます。あの頃と比べて今の自分の人形操作の技術がそこまで進歩しているとは思えずなんだか漠然とした不安感に苛まれます。だったらもう一度最初に戻って新たな気持ちで取り組んで行こうと思うのでありますが気持ちだけが空回りし続ける今日この頃です。できる事からコツコツと日々やって行こうと思います。作成者田村

| その他 | 20:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

春がやってくる

こんにちは、禄里です。


最近僕の周りが何だか騒がしい。
春だからか?そうかも知れない。それにしても今年はたくさんの変化が起こる春になりそうだ。公私ともにね。

──────

春が来るといつも思い出す出来事がある。
今の家に引っ越して間もない頃。確か息子が小学校に入学する年、今くらいの時期だった。

僕はいつものように息子が寝入るまでの間、隣に寝転んで彼の顔を見ていた。愛する人が眠りに堕ちるのを見つめるのは、人生における最も幸せな瞬間のひとつだ。
すると夜の静けさの中からぼんやりと蛙の鳴き声が聞こえてきた。
古い農家が土地を売り開発されたわが家は、周りに農業用水路がそのまま残されている。多分そこで鳴いているのだろう。ラジオの音や生活音に消されていた蛙の声は、夜更けの静けさと共にいつの間にか街灯もない真っ暗な空間に溢れていた。

しんとした何もない空間から聞こえてくる蛙の鳴き声にいささか驚いたのかもしれない、眠りに堕ちる寸前だった息子は少し目を開き僕に聞いた。


「ねえ、あれ何の声?」

「蛙だ。暖かくなってきてるからな。きっと冬眠から覚めたんだろうよ。」

「ふうん」

「ということは・・・?」

「・・・ということは?」

そして突然目を大きくひらいて声をあげた。誰も知らなかった秘密を発見したみたいに。
 

「もうすぐ春だ!!」


──────

蛙の声はいつの間にかやってくる。もちろん今年も。そして早いもので来年息子は高校受験だ。


かえるくん、ずいぶん歩いてきたもんだな。
かえるくん、ずいぶん長い時間が経っちまったんだな。
かえるくん、これからもよろしくな。


また新しい季節、新しい一年、新しい一歩が始まるんだ。
少しくらいうるさくても仕方ねえな。たくさん鳴けよ。好きなだけ鳴けばいい。

だって始まりなんだもの。


僕は、聴いている。新しい季節に期待を込めて。

| その他 | 23:51 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ローカルフード

人形劇の上演で地方を廻る楽しみのひとつにその地方でしか食べられないご当地フードがあります。その地元のスーパーには自分の住んでいる所には無いそこだけの食べ物があります。お刺身なんかはまさに地元でしか流通していないような珍しくも安くておいしいやつがコーナーにならんでたりします。練り物や乾き物などその土地にしかないものは、必ず(安ければ)買うようにしてます。食も違えばもちろん文化も習慣もまた微妙に違ってくるのが面白いところです。同じ人形劇の演目を上演してもそれに対するリアクション反応の違いは、いつも感じる所です。この地域では皆弾けるような反応この地域ではじっと噛みしめているような反応と、そこまではっきりと明確ではなくても生の反応は常に受けております。狙いどうりだったり全く違ったりと完全に思い通りにいかないところが不安だったり面白かったりします。生の人形劇の舞台の奥深さを感じる日々です。作成者田村

| その他 | 23:48 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

動き

「ばけものづかい」という演目をメインで中国地方を巡回しました。お話の中で人使いの荒いおじいさんを大きな人形の手で打ちすえるシーンがあるのですが、見る人によってとても好評?で私自身もこの演目を始めたばかりの頃は遠慮がちにしか打てなかったのですが、慣れてくると力の入れるポイントや動きが掴めてきてとてもスムーズに打てるようになりました。反応があるとつい調子に乗るのが私の悪い癖。もっともっと強くインパクトのある動きで!などとエスカレートこの日も快進の打撃でおじいさんを打ちすえました…少し度が過ぎたのでしょうか?この上演の後、田んぼの畔に落っこちてとても痛い目に合いました…多分ばちが当たったんだと思います。色んな意味で初心にかえって一から出直したいと思います…作成者田村

| その他 | 14:56 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>