| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

オムスクでの一番のお土産は?!





国際人形劇祭には以前コペンハーゲンでのエイプリルフェスティバルに行った事があった。1日5~6本言葉もわからないが沢山観劇した。どれも刺激的で新鮮で一緒に観に行った三好さんと話が止まらなかった。
今でも二人とも一番印象に残っている作品は無声劇でエリア明かりだけのブラックシアターだった。。。
そして今回は、観る側だけでなく演じる側として行く。しかも、セリフは沢山、照明だって凄い、邦楽の生演奏、吊りものも多い、仕掛けもたっぷりある。まるで反対。
どうなるんだろう、、、荷物の準備に不安をかかえ、いざロシア オムスクへ。
久々の飛行機。乗り継ぎ合わせて25時間、フライトの疲れはピークに達してオムスクに着いた。何故か少しハイ(^^)v
24個の荷物を無事に受け取った時に現れたのがイリーナだった。ロシア人の中ではとても小柄でぴょんぴょんと動くアルレキン劇場の可愛い女優さんだった。疲れているんだから頑張らなくて良いよ~とほとんどの荷物を運んでくれた。朝の5時に。
それからの仕込み前の準備では日本の事がとても好きだから日本の美術担当になったとダーシャが現れた。とても大柄で仕事の時とそうじゃない時の顔がガラリと変わる大きく包み込んでくれる肝っ玉母ちゃんのような人だった。
ポポロは飛行機で持って行けないセット美術を全部アルレキン劇場の美術スタッフにお願いしていた。どのセットも正確にできていて細かい所まで素晴らしい出来。持って帰りたい!!仕込み前の準備もダーシャにイリーナが最後まで手伝ってくれた。
フェスティバルのオープニングはホテルから劇場まで歩いてのパレードに夜は花火。
ダーシャは鼻水を垂らしながら自分の襟巻きを私の首にぐるぐる巻きにして冷えた私の手を自分の首もとに当てて笑っている。
-4℃なのになんてあたたかいんだろー
異国で出会う初めての人達のあたたかさに、本番始まる前から何だかすごくホッと出来て少し甘えられる安心感がとても不思議だった。

いざ、仕込みに本番!!
アルレキン劇場のスタッフさんはどんな小さな事でも手伝ってくれた。私達も思いっきりのゼスチャーに片言の英語と擬音語(笑)
お願いしたいことを必死に伝えた。伝わる!
イリーナは自分の本番があるにも関わらず飛び回って手伝ってくれていつもそばにいてくれた。本番直前にダーシャはたくさんの投げキッスと十字架をきって舞台の成功を祈ってくれた。

本番が始まる。

始まるとオムスクにいることを忘れた。
日本とは違うオムスクでの反応にびっくりしたが最後緞帳が上がった時のお客さんのスタンディングオベーションに拍手喝采、ブラボーの嵐に鳥肌がたち、国際人形劇祭に出たんだと実感した。通りかかる色んな国の人にスパシーバー(ありがとう)、多分誉めてくれているだろう言葉を沢山かけられた。終わってからもずっと。。。こんな事日本じゃない!!
とにかく嬉しかった。

他の国の劇も沢山観た。言葉はわからないが伝わってくるものがある。(全くわからなく、寝てしまったものもあるが*_*;)

あっという間に過ぎ去った最後の日。
私達は『音楽構成賞』を受賞した。
ロシア語で発表されて全然気づかない私達の所にイリーナが飛んで喜んで来てくれた!ダーシャは遠くからウインクして喜んでいる!えー??本当に??凄い!!
嬉しくってはしゃいでる♪
何て嬉しいんだろう☆
すぐに皆に知らせたい!

最後のパーティーでは異国の役者同士一緒にお酒を酌み交わしダンスを踊った。
名前も知らない所から来ている人達との交流は寝る時間も忘れて楽しかった。言葉が伝わらなくても伝わるものが沢山あった。一緒に笑いあえた。日本が好きだという人が沢山いた。異国の劇を観劇し異国の人達とコミュニケーションとれる、国際人形劇祭は素敵すぎる。
同じ時間を過ごせた事は宝物。

今回のアルレキン劇場とのやりとり、細かい準備に通訳、私達のわがままにお世話をしていただいたコーディネーターの田代 紀子さんには沢山助けていただいた。本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです!!
それから劇団と田代さんとのやりとりから私達のスケジュールを見ながらどんどん進めてくれた事務の上田さん、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
異国でもしっかりと邦楽の素晴らしさを伝えていただいた仲林先生、吉口さん。
言葉が通じないのに現地スタッフと談笑してる照明のなべさん。
ダメな事はダメと異国の人にもしっかり伝えていた音響の目黒さん。
山根さん葛山さんのすごい情熱!一緒に舞台を作り上げたポポロの同志達。
一緒の部屋で毎日最高に楽しく笑い転げていたゆみさん。外国人に『さくら』と称賛され舞台の上ではものすごいpowerを出す、あこがれのすごい人。
アルレキン劇場の男性をビビらせた舞台監督三好 和美!世界をまたにかけた敏腕舞台監督
。参りました(笑)
飾り付けとたくわん&お茶で帰国を待っていた後輩たち。劇団を守ってくれてありがとう!次はあなた達に見て感じてほしい!!
沢山の人に支えられてオムスクでの公演が実現、成功し無事に帰って来れたんだと感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございます!!

最後搭乗口に見えなくなるまでお見送りしてくれたアルレキン劇場の支配人とそして、
イリーナにダーシャ!
スパシーバー、バリショーエ
ダ スビダーニャ!!

一番のお土産は人との出会いです!!!

なが~い文章になってしまって失礼いたしました。ど~しても伝えたくて、、、

☆★☆水の~♪☆★☆
スポンサーサイト

| その他 | 15:57 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バックインザUSSR

ポポロがついにロシアに初上陸しました!オムスクの人形劇フェスティバルは一週間の間各国、沢山の人形劇団が素晴らしい上演をし、沢山の感動と楽しい時間を共に分かち合う事ができました!出発前の準備に始まり、現地での仕込みなど、大変な困難が沢山ありましたが、日本側のスタッフの皆様と団員の皆様と現地劇場の皆様の努力で無事上演が大成功しました!さらに異国での異文化交流という普段では経験する事のない体験が出来とても素晴らしい思い出ができました。作成者田村

| その他 | 23:10 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●ひつような栄養素は一応家庭科で習いました

 やってしまった。年甲斐もなくまたやらかしてしまった。落ち着くためにお菓子を買いに行く。夜道に自転車を走らせ、後悔を振り払うようにペダルをこぐ。とりあえず、お菓子を食べながら順序だてて話すことにする。

 ほんの数十分前、母とケンカしてしまった。なんだそんなことかとお思いの方もいるだろうが、私にとっては大問題である。大人になったつもりでいたが、売り言葉に買い言葉。感情の高ぶりに任せ、あろうことか、家で言ってはいけないセリフ1位を口に出してしまった。

 「もう、ご飯作らなくていいから‼︎』

 母がいないときはご飯に塩をかけて空腹を満たしている私にとって、このセリフは毎食塩ご飯を意味する。もしくはふりかけご飯か、キャベツ。著しく体力、やる気をそぎ、疲労困憊まっしぐらコースである。言った3秒後には後悔し始めたが、私も意地っ張りで、撤回することがどうしてもできない。

 ことの発端は些細なことで、私はこの間まで、初旅公演の北海道に行っていた。その間、母も旅行に行っていたというのだ。このことはさっき知った。

 「マリカがいると、ご飯作らなくちゃいけないからどこにも行けないわ〜。(なぜか自慢気)」

 この一言で私のストッパーは解除。私のせいで行けないなら、もうご飯作らなくていいわ!!
 
 言ってしまったのだ。全ては私が悪い。塩ご飯の娘を置いて、旅行など行けるものか。今後はたくさん旅公演に行けるように頑張り、母の旅行チャンスを増やして、間接的親孝行をしようと決意した。とりあえず、明日のお弁当どうしよう。

大山マリカ

>> Read More

| その他 | 23:20 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏の公演もあとわずか

この夏の新作「14ひきのはるなつあきふゆ」第二作「あき」が本日終演した。

私は音楽担当として、何とか書き上げた曲を録音からマスタリングまで自分の手で行い、だいぶ満足のいく作品になったと思う。

残すは明後日開催される、北名古屋のフェスティバル参加の「ルドルフとイッパイアッテナ」
夏の締めくくりとして、暑さに負けない熱意でのぞみ、より一層楽しんでもらえる公演となるよう心掛けたい。

文責 起己

| その他 | 20:33 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

野球

小学校以来、久しぶりに野球の試合をしました。見るとやるとは大違い。レフトを守っている間、普段使わない神経を使い不思議と新鮮な感覚を全身で感じた次第です。人形劇の本番とはまた違った緊張感の中、非日常の時間を過ごす事ができ充実した経験ができました。作成者田村

| その他 | 00:14 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏によせて2017

こんにちは。禄里です。


御礼です。


7月25日スペースゼロでの「ルドルフとイッパイアッテナ」、27日プーク人形劇場での「14ひきのあき」、そして8月2日飯田公民館での「ルドルフとイッパイアッテナ」、そしてそして4日夏といえばポポロの佐久小雀保育園での「14ひきのあき」、そしてそしてそして5日佐久交流センターでの「ルドルフとイッパイアッテナ」にご来場いただいた大勢の皆さん、暑い中、本当にありがとうございました!

おかげさまで全日各回ともに大入り大盛況でございました。満員過ぎてご不便などをおかけした箇所もいろいろとあったかと思いますが、次回以降もっともっと皆様に楽しんでいただけるよう努力して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いしまーす!

皆様に支えていただいていることを実感した暑い、いや例によって「熱い」夏の連続公演でした。ありがとうございました。



…ところで今年は新作があったこともあり、近年にない忙しさだった7月。時間ができたら絶対やるぞー!と思っていた事が山積みに。忙しさも落ち着いたので少しずつやり始めているここ数日。

野球の練習→少しできた。
ゆっくり読書→まだできない。
衣類食材何でもいいから買い物→全然できない。
食べたいものをゆっくり料理→ちょっとできた。
洗車(劇団のワゴン車じゃなくてもちろん自宅のクルマね)→まるっきりできないし今んとこ暑いからやる気もない。
家の掃除に庭の手入れにジーンズまとめ洗い→それどころじゃない。
夕焼けをゆっくり見る→やる気になりゃいつでもできるだろ。


こうしてみるとやりたかった事は僕の日常そのもの。ああ愛すべき日常。愛すべき日々の暮らし。




ところで今日、上演後の荷積みの時に空にきれいな虹がかかっていた。

芝浦の夕焼け空にくっきりとかかった大きな虹。それは間違いなくこの夏がんばった僕へ神様がくれたささやかなプレゼントだ。

| その他 | 00:04 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●つい最近iPhoneを水没させました

 どうも、大山です。

 最近なくし物がひどい。この度重なる失態を考えると、夏休みはパワースポットに出向いたほうがいいかもしれない。

 やっと教習所を卒業し、証明のハンコを押したのを最後にハンコを見ていない。いつも入れている引き出しに戻してないのだ。きっとどこかにあるだろうと、気にしないでいたところ、ケータイを水没させた。一切起動せず、データは紛失。その数分後にサイフをなくした。
 おそらく生きていく上でなくしたくないものベスト3と思われる。短期間でこれらをなくしたのは逆にすごい。かなりの厄を落とせた気しかしない。今、全ての欲を捨てると救われる系の宗教勧誘を受けたら、二つ返事で入会するだろうと思うほど、メンタルが弱りきっていたが、駅前で呆然と立ち尽くす私に、話しかけてくる人は誰もいなかった。
 
 その後、ハンコは裁縫道具の中から発掘され、サイフをサービスセンターに迎えに行き、ケータイは二日後に息を吹き返した。
 
 このように、私は些細なミスでいろんなものをなくしてきた。そこでふと思ったのが、今回のように生きる上で不可欠なものであればすぐ気付くことができる。そうでないものは、なくしたことにも気付かずにいるのではないか。

 昔から人形遊びが好きで、顔が描いてあるものだったら何でも遊べた。たくさん持っていたはずだが、あれはどこに行ったのだろうか。いつの間にかなくなっていた。母が捨てたのだろうか。それぞれのビジュアルはもうぼやけていて、なんとなくの色、形しか思い出せないものもある。でも、本当に毎日、飽きることなく妹と遊んでいたのだ。他のことに興味が移っていき、なくなったことにも気付かずにいたのか。

 あれから何年も経ち、私はこうしてまた人形遊びをしているから不思議だ。三つ子の魂百までとはこのことか。でもやっぱり好きなのだろう。人形劇にたずさわることは、私にとって、さよならを言わずに別れたあの親しい友人たちに、再び会いにいくようなことなのだ。

>> Read More

| その他 | 23:20 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

元気powerが行ったり来たり?!


みなさん、こんにちは!
梅雨と言えば、、、
雨と言えば~ そう、かえるにかたつむり
やはり今の時期上演が多いのはそのせい?!
「がまくんとかえるくん」
この時期は何だか彼らは張り切っているように感じます。
子ども達に負けないpowerを発しています★
私も彼らに出会うと元気powerみなぎります。不思議。
だからなのか、梅雨乗り切れます!
いよいよ来ますね。《夏》

夏の公演はいくつか満席の回が増えて来ています。ありがとうございます!
ご検討の方はお早めにお申し込み下さい♪

汗をひからせ、皆さまにお会い出来る日を楽しみにしております!

☆☆★水の~★☆★

| その他 | 16:03 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

カズー

私には音楽の才能がないらしく、高校の友人にも、父親にも言われて、そうなのかと納得して最近まで生きてきましたが、ルドルフとイッパイアッテナでドラムを叩くこととなり、当然全くダメで、自分には音楽の才能がないと思わず言ったら、先輩が「努力が足りないのだ」と仰いました。目から鱗でした。よくよく考えてみたら結果がでる前に諦めていたなと思い当たり25年ぶりにもう一度楽器を練習するぞと思いました。ちなみにカズーはすぐ吹けるようになりました。作成者田村

| その他 | 14:34 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●はじめまして。

3月末に入団したばかりの大山です。皆さんはじめまして。

ポポロに入ってから、私の体は劇的に健康になっている。
というのも、ポポロに入る前の私は、夜が更けてきた頃に起床し、空が薄ぼんやり明るくなってきた頃にふとんに入るという完全昼夜逆転生活を送っていた。

そんな中、急に予定していたより入団が早まるという緊急事態が発生。もちろん私の体がついていけるはずはなかった。
まず朝起きることが出来ない。母親にむりやりふとんをはがされると、まるで自分の皮膚をはがされたかのようなショックと喪失感。呆然として動けない。その上私は献血を拒否されるほど低血圧である。ベットにへばりつく体にムチを打ち、ごはんを体につめ込み、重い体を引きずるようにしてなんとか自転車に乗る。しかし、覆いかぶさるような眠気との激しい戦い。いっそほふく前進で行く方がまだ楽なのではないかと思えるほど、床との密着を切に求めながらの初出勤であった。

ポポロに着く頃には体が起きてくるのだが、やっかいなのが昼食後。
お腹いっぱいで意識が遠のいていく。視界はぼやけ、音も遠くなり、まるで水袋の中にいるみたい。
そんなとき、

「コーヒー入りました〜」

一口飲むと、その恵みの一滴はじわじわと体中に染み渡っていく。水袋の私は針で突かれたように、ハッと意識を取り戻す。輪郭がはっきり見え、いろんな情報が一気に入ってきて、世界がクリアになる。
3時のコーヒー文化は、ポポロを見習い全ての企業で取り入れるべきだと思っている。私はこの一杯にとても救われている。

そんなこんなで強制的に生活改善され、日中あらがえないような眠気に襲われることはなくなった。(はず)最近調子もいいし、だいぶ健康的になってきたのではないか。朝起きて生活することの重要さ学んだ3ヶ月であった。

こんなねぼすけな私を仲間にしていただいて、本当にありがたいです。でもまだ研修期間なので、クビにならないように頑張ります。そろそろ眠くなってきたのでこのへんで。おやすみなさい。

大山マリカ

>> Read More

| その他 | 21:16 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>