| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

叫び!!

人形は台詞と一緒になると、
泣いたり笑ったり怒ったり叫んだり
する。

素敵だ。


そうだよね、、、
声をあげてもいいんじゃないか。。。
叫んだっていいんじゃないか。。。



大きく息を吸って

「よろしくお願いします!」

https://camp-fire.jp/projects/view/318645


そして、
「ありがとうございます!!」



水の〜♪
スポンサーサイト



| その他 | 13:40 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

稽古の日々

今劇団では「じごくのそうべえ」の稽古をしています。私がこの劇団に入って初めて参加した演目でとても思いで深い作品です。今回は新しく入団した団員が参加しておりまた新鮮な気持ちで日々の練習に励んでいます。新人の練習風景を観ていると思い起こせば五年前初めてこの人形劇に参加した時の事などふと蘇ってきたりして色々と考えたりします。作品のセットや道具の作りなども私が初めて参加した時とはだいぶ変わったところもあり常に変化しているなと感じます。新しい団員の参加や常に変わり進化していく作品の中で自分もより一層良い方向に成長していけるように積み重ねていけたらと思う次第です!作成者田村

| その他 | 13:42 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

作品作り

「ばけものづかい」のセットがだいぶ老朽化してきたので一部作り替える事になりました。人が乗って演じる台を一から作り直す作業はまずは材料作りからのスタートです。倉庫に行って過去の作品で使っていたセットをバラして釘やタッカー針木ネジその他を丁寧に取り除き材を綺麗にする作業をしてから、劇団に持ち帰ります。そこから材の厚みや長さなど規格がバラバラの材を整理し直します。規格がそれぞれ違うので計算しながら材を一つ一つ組んでいきます。ここまでざっと書いてみても、いやはやたいへんな道のりだと感じます。お金をかけずリサイクルするのは大切な事ですがやはりそのぶん時間と手間がそれなりにかかるものです。しかし過去の作品のセットに触れる機会はとても貴重な経験になりました!作成者田村

| その他 | 16:49 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

寝ても覚めても。

こんにちは、禄里です。


最近、新作作りに忙しい。

あと本番まで一ヶ月と少し。
こんなにあるのかこれだけしかないのか何とも言えないが、僕は今、一日の時間のほとんどを新作の事を考えて過ごしている。だからといっていい作品になるかはまた別の話だけど。
脚本の事とか演出の事とか人形の事とか、あーでもないこーでもないとどんな時でもそれが頭の中でグルグル回っている。それによって事が進んでいるのかどうかは怪しいものだし、もしかしたら戻っているかのもしれない。でも回転は全く止まろうとしない。常にグルグル。エルドラド。
気分転換もしてみることはあるけど、いつの間にかまた芝居の事を考えてしまっている。あれ?ちょっと待て。また考えてる。グルグル。という具合。

これはどうしたものか。
今までこんな事はなかったのに。
時代のせいか、それとも僕のごく個人的な人生の時期のせいなのか。何でそうなのかは自分でもわからないが、少なくともこの時間はとても幸せな時間のはずだ。
この社会状況の中で上演を予定してくれている幼稚園のため、この芝居を後押ししてくれている劇団のため、今はこの時間の流れにどっぷりと身を浸していようと思う。

さあ、どこへ流れつくのか。
どんぶらこ。どんぶらこ。

| その他 | 20:55 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

磨くこと~

最近は訓練をする日にちも増えてきました。訓練をする日の朝は稽古場の床を雑巾がけします。雑巾をかけているって事で何か正される気持ちを感じるというか、、、
無になれたり、、、
修行僧の人もここから朝が始まるってわかるような、、、

雑巾をかけた後の稽古場は空気が澄んですがすがしく感じます。
訓練もスッーと身体に入ってくるような気がします。

訓練の朝、静かに稽古場の床に寝そべって動きと動きの間のリラックスする少しの時間はこれから始まる慌ただしい1日の心と身体に重要に響く大事な時間となってます。
ありがとう〜稽古場☆
沢山磨くね♪

水の〜♪





| その他 | 10:53 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マスク販売

人形劇の上演がこのコロナの影響でほとんど無くなってしまい在宅ワークなど今までに経験の無い働き方が導入されました。なかなか慣れない感じで戸惑いながらの日々を送っておりましたがそんな仕事の中にマスクの販売という新しい試みがあります。人形劇のための布をマスクの作成に流用しそれを販売する。全く新しい試みです。特に販売の仕事は自分にとっては15年前補聴器のお店でやって以来で本当に久しぶりで何をどうしてよいものか全くわかりませんでした。人形劇の上演とはまた違った緊張感です!最初は恐々としてましたが、初めてマスクを購入していただいた時の喜びは言葉では言い表せない感じですっかり忘れていた販売の喜び楽しみを思い出す事ができました!マスクを買っていただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです!まさかこのような経験ができるとはコロナの前には予想もしなかったです!作成者田村

| その他 | 19:04 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今だからできる事

人形劇の上演が暫くの間できる見通しが不明な今だからこそできる事などを色々探る日々です。家の中で過ごさなければいけない時間が増えたのでやはり体が鈍っていくのがよく自覚できます。せめて人形劇の上演に必要な体力作りは意識してやっていこうと思うのですが何せ男の独り暮らし部屋が散らかり放題で汚い…何か運動しようにも場所が無い!だからまず片付けと掃除から始めなくてはならずなんだか先が遠い。では外に行こうと出てはみても市営のスポーツ施設は閉まっているし大きな公園に行っても長居は無用のありさまで結局はひたすら宛もなく歩き続けるそんな日々であります。とにかくいつ人形劇の上演があっても直ぐに対応できるように手探りでオリジナルメニューを考てる日々です。とりあえず部屋は少しずつきれいになってきました。作成者田

| その他 | 19:24 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

味覚と嗅覚とセリフ

こんにちは、禄里です。


舌を噛んだ。昼食。

痛い。

うー。


せっかく受かった高校に一日しか行けていない息子と上演が全くなくなり家に居続ける父親との二人での昼食。サンドイッチ。男と男のサンドイッチ。レタスとトマトとチーズを挟んだもの。昨晩作ったポテトサラダもこれから挟んで食べようと思ってたのに。
クソ、めちゃくちゃ痛いじゃねえか。出血多量。白いパンは赤く染まった。トマトかと思い違うくらいに。


よせばいいのに夕食には患部に沁みそうなしょうゆ味の煮物を作ってしまう。食べたいんだから仕方ない。ショウガたっぷりの鰯の煮つけ。沁みまくり。当たり前だ。痛くて食事どころじゃなくなった。

食いしん坊が食事を楽しめないことほどツラいものはない。僕などは食べることを楽しみに生きているようなものなので、この状況は人生の終わりを意味している。大げさ。わかってる。


もし


こんな時に上演があったら


セリフもうまく言えない


のかな。


気をつけなきゃ。

いつでも上演できるように。
いつでも芝居ができるように。


────────


久しぶりの出勤でほとんど一日中していたマスク。自宅の最寄り駅を降り、誰もいない薄暗い路上でようやく外した。外せた。

入ってきたのは湿気を含んだやわらかな夜の匂い。 土の、草木の、水たまりの、そこらの路地裏にいる動物たちの、どこかの家庭の夕食の、そんなものが混じったとてもいい匂い。

そんな匂いを一日分吸い込んでいると、まあマスクをするのも悪くねえかな、と思う。

| その他 | 17:17 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

★2020年 総合パンフレット★



新年度の新しい総合パンフレットが
出来ました〜!!!!!!
そ〜〜れ、飛んでけ〜
みなさまの所にそろそろ届く頃と思います。今回は新作も仲間入りし色々リニューアルした新しいパンフレットになっていますよ〜♪

そして、ポポロの手作りマスク!!
実は売れてるんです〜♪♪♪
劇団の前を通りがかった方々からのクチコミで広がっているようなんですよ〜
みなさま気に入っていただいて、楽しそうにお選びいただいてますよ。
子ども用には可愛いワンポイントがあったり、
色んな柄が揃ってますのでその日のコーディネートに合わせてなんて、オシャレさんですよね〜!1枚¥220
劇団を通りがかった際は是非〜♪
そして、通販も始めておりますので是非〜♪
私も『ポポロ』と書かれたマスクを普段もしていますので、見かけた方は声掛けて下さいませ〜
是非〜♪

☆★☆★水の〜♪☆★☆★

| その他 | 16:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

未来に向かって

人形劇には色々な種類がありますが基本的に他の分野の演劇に比べても小道具から大道具に至るまでそのバリエーションと量はかなりあります。なにせ演じるのは人形ですからセットと併せるとかなりのボリュームになります。それが各演目ごとにあるわけですから人形劇団にとって作品の保管場所の確保というのは、わりとシビアな問題です。作品を作り続けるという事は常に保管場所のスペースが増え続けるという事です。いつかは場所がなくなってしまいます。そこで役目を終えた作品はやむなく処分され新たな資源もしくは灰になります。一から何も無いところから想像し苦労して作られた作品を処分するというのはとても心苦しいです。でもそれはまた新しい作品が生まれたからこその事なのです。悲しんでばかりはいられません常に時は流れています。創造と破壊を繰り返しながら未来へと向かって。作成者田村

| その他 | 19:47 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>