| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今年度ラスト上演は…?

桜満開!!

少し早めの桜に心がウキウキふわふわします。
3月ももう今日で終わり。早いもんです…!新学期もすぐそこですね。
劇団の仕事を始めてから1月の年明けより4月の新年度の方が一区切りな気持ちが強くなりました。



さて、今年度の最後を飾った上演は、一昨日に行った福島市の吉井田学童さん!

担当の方が15年前にばけものづかいを子ども劇場で観て、今回また呼んでくれました。
15年ぶりのリピーター!!嬉しいです~!
今は子ども劇場は縮小して、吉井田の地域には無いそうですが、今回は学童さんと地域の方が集まっての公演でした。


搬入から元気な6年生が手伝ってくれました。
私は4月から中学生になる女の子に「4年生?」と聞いてしまいました…ゴメンね~。

入り口は手作りの看板や下駄箱に乗った大入道(進撃の巨人風!?)が出迎えて会場を盛り上げてくれました。







お客さんは3つの学童クラブの子ども達が来てくれて、さらに地域の方達がいっぱい!後ろの席まで満席でした。
年配のお客さんもいて、手拍子や笑いに溢れていて、まるで子ども劇場の地域公演のような温かさを感じました。

終演後は南京玉すだれを子ども達と一緒にやりました。
初めて触れる玉すだれにみんな興味津々で「これ欲しい!」
「どこで売ってるの?」
なんて聞かれました。
搬出も10人以上残って手伝ってくれて大助かり!
幕を畳むのからコード巻きまで一生懸命頑張ってくれました!


一緒に公演を作っていく感じがとても楽しかったです!
今年度のラストを吉井田学童クラブさんで締めくくれて良かったー!!

来年度から学童クラブはNPOになるそうです。
お互い来年度も元気に頑張りましょう!


みよしでした。



スポンサーサイト

| 公演の様子 | 14:07 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2年目の春



3/21@亀戸文化センターでの『14ひきのおつきみ』、午前公演・午後公演ともに沢山のお客様にお越しいただき、無事に幕を閉じました♪♪足をお運びいただいた方も、今回はいらっしゃれなかった方も、本当にありがとうございました!(^^)/

今回は去年の初演から大きく作り変えられた部分もあって、私も役を演じる以外にも新しく増えた曲や生音でのSEに関わらせていただきました!
学生時代は音楽を主役に演奏してきたけれど、人形劇で求められる音や音楽は少し役割が違う気がして、果たして自分の出来る事はあるのだろうか…、と悩むこともありましたが…
期待に答えていけるよう頑張るのみ!です!

劇団も2年目となり、少しずつ、一つずつ出来る事を増やしていきたいと思います。
14ひき達が、風に負けそうになりながらおつきみを楽しんでいるように、私も苦労の先にある楽しみを見つけたい!
そして、全力で楽しむ!

まずは4月頭にある、劇団のレクリエーションを楽しむのだー!!
そのためにも今日から1週間、お仕事頑張るぞー(^O^)




*滝田恵水*

| 公演の様子 | 23:44 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

気がつけば…



( 'ω'o[ どうぞのいす ]o
群馬の幼稚園で上演!(写真)
を皮切りに今週は多忙の極み…。
ルドルフの音楽作成?なんとラップ!
来週21日に亀戸文化センターで
公演予定の「14ひきのはるなつあきふゆ」
の音楽作成…とはいえ、
楽譜切って波形を編集してバッチグー!

そして明日は自分が担当している「ふれあいこどもまつり」文京会場に
朝から1日中付きっきりです^^;

毎日が「あっ!」という間に過ぎていく~


Tatsukiでした


| 公演の様子 | 00:57 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

イッパイアッテナより


こんにちは、禄里です。

本日は「ルドルフとイッパイアッテナ」にお越しいただきまして本当にありがとうございました!

たくさんのお友だちに楽しんでもらえて本当に嬉しかったな。
これだからやめられないのよね~この仕事。

みんな、どうもありがとう。
さあ、次に行くか!

| 公演の様子 | 22:49 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

雪だ!雪だ!雪だ!

こんにちは、禄里です。



北海道への弾丸ツアーが終わりました。

東京での大雪の後の北海道。少しは雪道に慣れておいたから大丈夫かな~。


と思いきや。


とんでもない。参りました。完敗。凄えっす。雪にへこたれてる場合じゃありません東京。


なんせレベルが違います。

高速道路の表示板に「凍結80キロ規制」

何でやねん!凍結路で80キロって!言われなくても怖くてそんなにスピード出せません。


そのとても大らかな大地で暮らす皆さまを尊敬の目で見ずにはいられないヘタレドライバーでした。

東神楽の皆さま、本当にありがとうございました。北海道の皆さまの温かさを感じるには、冬に行くのが一番ですね。

冬の北海道、冬の東神楽!サイコーです!!


| 公演の様子 | 17:29 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

一期一会

正月公演も無事終わりましたが、
今回は当日来場したとってもかわいい男の子をクローズアップします!

お正月公演_180117_0019
お正月公演_180117_0026
お正月公演_180117_0018

お正月公演ならではの『お楽しみ抽選会』を盛上げてくれました!

どうもありがとうございました!


by Tatsuki

| 公演の様子 | 12:04 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

きたー!ポポロお年玉公演♪

みなさま、明けましておめでとうございます!







ポポロの仕事初めはみんなからの帰省のお土産を食べながら年末年始それぞれどう過ごしたかみんなの帰省のお土産を食べながらほっこりと報告会からはじまります。
それから午後は寒い中みんな自転車を走らせお年玉公演のチラシを何百枚とポスティングに出掛けます。

そして、今日はみんなの願いが届いたのか沢山の人が集まってにぎやかに2018年のポポロお年玉公演がスタートしました。

今年のお年玉公演特別ポエムはナント!
ポポロのポケット作品メドレー☆★☆★
今回、初公開です。
6作品もやっちゃいました~。
その先が気になる~!!ってとこで終わり。気になる方はポポロの公演情報を覗いて見てくださいね♪

そして、大盛り上がりのお年玉抽選会☆




今回は『びっくり賞』も飛び出して
はらはらドキドキに抽選番号を握りしめる子ども達がとても可愛かったです。

いざ、本編!!
『びんぼう神とふくの神』
最初はびんぼう神を面白おかしく見ていた子ども達もふくの神が出て来て追い出されるびんぼう神を見て真剣に素直な眼差しで「がんばれ~!」と応援してくれた子ども達。
思わず私のハートにズッキュ~ンと来てしまいました。

とにかくあたたかくって、優しく素直な子ども達にポポロからも特に今回はポポロらしさ、『人形劇団ポポロ』を伝えられたようなきらめいた時間でした。
ご来場のみなさまー
ありがとうございます。







今年は沢山の福が来ますように~
いや、今日は来ましたね!

☆★☆★みずの~♪★☆★☆
(びんぼう神より)

あ!『びんぼう神とふくの神のブローチセット』も是非応募してみてくださいね~


| 公演の様子 | 23:33 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

新しい明日が待っている♪



今、ルドルフ班はマイシアター高松さんの例会にはじまり鹿児島県の巡回公演を2週間近く行っている最中です。
次々と会場が変わり宿も環境も変わり体調を崩さないように緊張感につつまれた毎日ですが、毎回初めて出会うお客さんの楽しさに満ち溢れています☆
やっぱり、
人は人に救われるのかしら、、、

長い旅公演中、鹿児島で休日がありました。
近くの公園でアマチュアの人達のコンサートがあり、リコーダーにゴスペル、ジャズに合唱と興味をひかれるものばかり。
演奏してる人達は下手上手い関係なく思いっきり楽しんでる様子があまりにも格好よく素敵すぎて私の心にズキューンと来てしまいました☆何だかやさしい気持ちにもなれて、見知らぬ子どもとじゃれたり、道ばたでダンスバトル?!をしてしまったり♪
帰り道に迷っていたら親切に調べて案内してくれる人。んん~やさしい。

落ち込む事もイヤな事もある。でも、一緒にいる仲間の言葉一つで世界が変わる。

やっぱり、人は人に救われる。
そんな日々にワクワクする
そんな日々にドキドキしてしまう。

後半戦の鹿児島での公演がはじまります。
心と身体にたっぷり栄養をとりました!さぁ~

あした あさって しあさって
あたらしい未来がやってくる♪

☆★☆★水の~♪★☆★☆

| 公演の様子 | 21:29 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

湯けむり公演



11月に入り、ぐっと冷えてきましたね。お風呂が恋しい季節到来です。
昨日は福島県大玉村の保育所で「てぶくろ」の公演でした!
その時に泊まった宿の温泉がとても良かったのでご紹介。

二本松市の岳温泉。
せせらぎ荘というホテルに泊まりました。
なんと、日本で3番目の美肌の湯と紹介されている名湯。
初めて行ったのですが、なるほど納得のお湯。白濁でちょっとぬるりとしていて、硫黄の香り。
こりゃ効くぞーと、のぼせるくらいに入ってしまいました!
たぶん10歳は若返ったはず!!
宿の方もアットホームでほっこりして疲れもすっかり取れました。
朝ごはんも驚く程のボリューム。
しっかり食べて上演に向かえました!


しかし、こんなにお湯も良くてご飯も美味しくて、人も素敵なのに、震災後お客さんは随分減ったそうです。
「フクシマ」の風評被害はまだまだ色濃く残っています。
普段、思わないで生活しているのですが、やはり地元の方のお話は圧倒的な現実を考えさせます。
悲壮感無く話されるその人柄に感慨深くなりました。


大玉村は毎年呼んでくれる大事なお客様。そして、今回は保育所で行うのは初めてでした!
いつも温かい反応と元気をいただきます。たくさんのお手伝い、本当にありがとうございました。
また、来年もお会いできるのを楽しみにしております!

そして、また行きたい岳温泉。
今度プライベート旅行でも行こうかしら…?オススメですよ~!!


みよしでした。

| 公演の様子 | 18:43 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

オムスクでの一番のお土産は?!





国際人形劇祭には以前コペンハーゲンでのエイプリルフェスティバルに行った事があった。1日5~6本言葉もわからないが沢山観劇した。どれも刺激的で新鮮で一緒に観に行った三好さんと話が止まらなかった。
今でも二人とも一番印象に残っている作品は無声劇でエリア明かりだけのブラックシアターだった。。。
そして今回は、観る側だけでなく演じる側として行く。しかも、セリフは沢山、照明だって凄い、邦楽の生演奏、吊りものも多い、仕掛けもたっぷりある。まるで反対。
どうなるんだろう、、、荷物の準備に不安をかかえ、いざロシア オムスクへ。
久々の飛行機。乗り継ぎ合わせて25時間、フライトの疲れはピークに達してオムスクに着いた。何故か少しハイ(^^)v
24個の荷物を無事に受け取った時に現れたのがイリーナだった。ロシア人の中ではとても小柄でぴょんぴょんと動くアルレキン劇場の可愛い女優さんだった。疲れているんだから頑張らなくて良いよ~とほとんどの荷物を運んでくれた。朝の5時に。
それからの仕込み前の準備では日本の事がとても好きだから日本の美術担当になったとダーシャが現れた。とても大柄で仕事の時とそうじゃない時の顔がガラリと変わる大きく包み込んでくれる肝っ玉母ちゃんのような人だった。
ポポロは飛行機で持って行けないセット美術を全部アルレキン劇場の美術スタッフにお願いしていた。どのセットも正確にできていて細かい所まで素晴らしい出来。持って帰りたい!!仕込み前の準備もダーシャにイリーナが最後まで手伝ってくれた。
フェスティバルのオープニングはホテルから劇場まで歩いてのパレードに夜は花火。
ダーシャは鼻水を垂らしながら自分の襟巻きを私の首にぐるぐる巻きにして冷えた私の手を自分の首もとに当てて笑っている。
-4℃なのになんてあたたかいんだろー
異国で出会う初めての人達のあたたかさに、本番始まる前から何だかすごくホッと出来て少し甘えられる安心感がとても不思議だった。

いざ、仕込みに本番!!
アルレキン劇場のスタッフさんはどんな小さな事でも手伝ってくれた。私達も思いっきりのゼスチャーに片言の英語と擬音語(笑)
お願いしたいことを必死に伝えた。伝わる!
イリーナは自分の本番があるにも関わらず飛び回って手伝ってくれていつもそばにいてくれた。本番直前にダーシャはたくさんの投げキッスと十字架をきって舞台の成功を祈ってくれた。

本番が始まる。

始まるとオムスクにいることを忘れた。
日本とは違うオムスクでの反応にびっくりしたが最後緞帳が上がった時のお客さんのスタンディングオベーションに拍手喝采、ブラボーの嵐に鳥肌がたち、国際人形劇祭に出たんだと実感した。通りかかる色んな国の人にスパシーバー(ありがとう)、多分誉めてくれているだろう言葉を沢山かけられた。終わってからもずっと。。。こんな事日本じゃない!!
とにかく嬉しかった。

他の国の劇も沢山観た。言葉はわからないが伝わってくるものがある。(全くわからなく、寝てしまったものもあるが*_*;)

あっという間に過ぎ去った最後の日。
私達は『音楽構成賞』を受賞した。
ロシア語で発表されて全然気づかない私達の所にイリーナが飛んで喜んで来てくれた!ダーシャは遠くからウインクして喜んでいる!えー??本当に??凄い!!
嬉しくってはしゃいでる♪
何て嬉しいんだろう☆
すぐに皆に知らせたい!

最後のパーティーでは異国の役者同士一緒にお酒を酌み交わしダンスを踊った。
名前も知らない所から来ている人達との交流は寝る時間も忘れて楽しかった。言葉が伝わらなくても伝わるものが沢山あった。一緒に笑いあえた。日本が好きだという人が沢山いた。異国の劇を観劇し異国の人達とコミュニケーションとれる、国際人形劇祭は素敵すぎる。
同じ時間を過ごせた事は宝物。

今回のアルレキン劇場とのやりとり、細かい準備に通訳、私達のわがままにお世話をしていただいたコーディネーターの田代 紀子さんには沢山助けていただいた。本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです!!
それから劇団と田代さんとのやりとりから私達のスケジュールを見ながらどんどん進めてくれた事務の上田さん、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
異国でもしっかりと邦楽の素晴らしさを伝えていただいた仲林先生、吉口さん。
言葉が通じないのに現地スタッフと談笑してる照明のなべさん。
ダメな事はダメと異国の人にもしっかり伝えていた音響の目黒さん。
山根さん葛山さんのすごい情熱!一緒に舞台を作り上げたポポロの同志達。
一緒の部屋で毎日最高に楽しく笑い転げていたゆみさん。外国人に『さくら』と称賛され舞台の上ではものすごいpowerを出す、あこがれのすごい人。
アルレキン劇場の男性をビビらせた舞台監督三好 和美!世界をまたにかけた敏腕舞台監督
。参りました(笑)
飾り付けとたくわん&お茶で帰国を待っていた後輩たち。劇団を守ってくれてありがとう!次はあなた達に見て感じてほしい!!
沢山の人に支えられてオムスクでの公演が実現、成功し無事に帰って来れたんだと感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございます!!

最後搭乗口に見えなくなるまでお見送りしてくれたアルレキン劇場の支配人とそして、
イリーナにダーシャ!
スパシーバー、バリショーエ
ダ スビダーニャ!!

一番のお土産は人との出会いです!!!

なが~い文章になってしまって失礼いたしました。ど~しても伝えたくて、、、

☆★☆水の~♪☆★☆

| 公演の様子 | 15:57 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>