| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ブログのネタが何も思いつかない

ブログのネタが何も思いつかない。
というか最近の記憶があまりない。


何かないかなと考えて、考えて、30分くらい考えて、
「あ!あれ書こう!あれはいつの出来事だっけ?」
と一個思いついたのに、いつのことか思い出せず、
また考えて、考えても分からなかったので、手帳を開くと昨日の出来事で衝撃を受けた。
そして昔見た『私の頭の中の消しゴム』という映画のタイトルが一瞬浮かんだ。


一個思いついたものの、そこから話が膨らまずボツになり、ふりだしに戻る。人形劇に関係ないくだらないことならいくらでも思い浮かぶのだが、以前関係ないことを書きすぎてお叱りを受けたので書けない。

最近ちょうど読んでいた阿佐ヶ谷姉妹のエッセイで、「書くネタがない」というネタで6ページ埋めているエッセイがあった。
私もその手を使ってブログのボリューム感を出そう!と思い、書いてみたものの、このままだとまた怒られるのでもう少しましなネタを考えなくてはいけない。(書くネタがないネタで書きすぎて、怒られるかもと思いエピソードを3個削った。)


最近旅が多かったので、旅を通して発見したことを書く。

お芝居をしていて、大きな笑いが来るところはどの土地に行っても大体同じなのだが、ささやかな笑いはすごく土地柄が出る、ということだ。

東京ではあまり笑いがない場面でも、北海道ではうける、ということがある。
しかも北海道巡回して回っても、そのうけるポイントはほぼ同じなのである。

しかし、北海道でうけたからといって、青森で同じところでうけるわけでもなく、また笑いの場所が微妙に変わってくる。

その土地その土地で、ツボが違うのだ。

この間ロシアに行ったときは、普段ではありえないタイミングで笑いが来たので、
「え?何で!?」
と思ったが、2ステージも同じタイミングで笑いがおきた。

いろいろな場所で上演していると、東京育ち(でも香川出身)の私には、わからないような笑いのタイミングがある。
笑いは万国共通である反面、ささやかな笑いは、とても県民性や市民性がでるのだなと思った。

妹にうけたネタも、友達に話したらすべった…みたいなこともよくあり、もはや笑いとは家庭レベル、いや、個人レベルでもちがうのだ……。

ともあれ、目の前にいる人の笑いを取れなくても、
これだけいろいろな人がいる世界なのだから、
きっと地球上の何処かでは笑いがとれるであろうという根拠のない自信がつき、
いつでも全力でやろうと思う今日この頃であった。

おわり
スポンサーサイト



| 公演の様子 | 22:22 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

つい先日の。。。

10月2日にロシア公演から日本へ帰国し、劇団へ到着するとすぐに
『ルドルフとイッパイアッテナ』の小学校公演で高山のホテルへ移動。
帰国してからバタバタと2週間以上過ぎている(-_-;)

ロシアのオムスク公演でお世話になった方々に感謝
田代さん、みきちゃん、ロマンくん、ダーシャさん
音響コーシャくん、照明ロマンくん、イリーナさん
その他
タチアナさん、イリーナさん(上記とは別人)、ビクターくん、アンナさん、アレクサンドラさん、アレックスくん
フランスチーム(LENAさん、Michelさん)、スペイン(Tianさん)、中国チーム(YUUさん達)
ほかにも沢山の人たちにお世話になりました。
皆さま心より感謝申し上げます!      ※写真はありますが、次回載せたいと思います。

その代わりといっては何ですが、
『ルドルフとイッパイアッテナ』で出演した自分の写真を。。。
お目汚しになりますw
魔除けにイケます!

ではではTatsukiでした~!


| 公演の様子 | 18:32 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エム・ナマエさん追悼


emu_01_web.jpg

ナマエさんとは1975年第一回旗揚げ公演「マーシャとくま」の宣伝広告から参加し、
その後のあらゆるチラシ・ポスター・チケットに至るまで製作、ポポロのロゴマークなど
目が見える時代の宝物をいっぱい残してくださいました。

【ポポロ ロゴマーク】
popolo_rogo_haha_web.jpg
<人形劇を演じている人を表現している>
gejigeji_web.jpg
<通称“ゲジゲジマーク”チケットやポスターなどのマークとして使用。山根の顔をデザインしている。>

【原画の一部】
masha_ill_web.jpg
<すてきなマーシャ 1975年>
1st_masha_chirashi_web.jpg
<第一回公演チラシ 1976年>


★ 糖尿病により完全失明したのが1986年。今から33年前でした。透析を続け、10年といわれた命が持ち前のバイタリティーと好奇心、そして奥様(コボちゃん)との二人三脚で素晴らしい絵と本も書き、ニューヨークの個展で全米大手の子供服メーカー「カーターズ」
と契約をし、捨て身の大活躍でした。
★急死の知らせはメールによって知らされ、大変ショックをうけました。
え? なに? 追悼って? なんと6回目の月命日とのことでした。
★軽井沢の塩沢湖ほとりの美しい景観の建物のなかに、ナマエさんの全盲になってからの
やさしい絵があふれていました。コボちゃんに会えて、元気な様子にホッとしました。
いつも付き添い、手足になって長い間苦労されて…。でもとてもすっきりと?ふっきれてナマエさんの70年間を見守ってきたお話を聞けて、来た甲斐がありました。

IMG_0842.jpg
<エムナマエさんの奥様(コボちゃん)>

IMG_0843.jpg
<奥様を囲んで追悼展で記念撮影>


★ エム・ナマエがあちらの空よりまだ見て、笑っているのでしょうか。(奥さん談)
どうぞ、コボちゃんお元気で、ナマエさんに負けない素敵な人生を創ってください。
            2019年9月20日追悼展 軽井沢美術館にて  葛山美奈子

| 公演の様子 | 15:00 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スターの椅子の座り方

この間、初めてライブハウスの舞台に立った。何かを演奏したわけではない。人形劇の上演をしたのだ。

ライブハウスで上演するということで、前日からワクワクしていた。

しかし、行ってみるとそこは私が思っていたよりもライブハウスであった。
照明のライト、潤沢な音響機材、天井高く吊るされたミラーボール……
黒一色の舞台、所々レンガ調にしてあるシックな客席に、流れてくるのはオシャレなJ-Pop……

「めっちゃライブハウスじゃん……!!」
としか言いようがなく、どことなくロックな気分を噛みしめていた。

この間、この会場で山下達郎のライブがあったと聞き、山下達郎と同じステージに立つと思うと不思議な気持ちであった。
楽屋に行っても、
「この楽屋も山下達郎が使ったんだろうな……」
という思いがついてまわり、無駄にソファに座って山下達郎がやりそうなポーズをとったりしてしまった。

その後、スカパラも来たらしいということを聞いた。正直、スカパラがどういう方なのか知らなかったが、どうやら30人ぐらいいると聞き、30人もいるならこのパイプ椅子に座ったはずだ!と思い、意味もなくパイプ椅子に座ったりした。

ライブハウスの上演は初めてだったが、すごくやりやすい会場で、ライブハウスって人形劇の上演に向いている…!と感じた。

私は台本上で『奇声を発しながら登場』というト書きがあり、今回も例に漏れず叫びながら登場し、ライブハウスでシャウトするという貴重な経験が出来た。
バンドに憧れてエレキギターを買うも、人見知りすぎてバンドを組めず、ライブハウスの片隅で一人見ていた高校時代の自分に見せてあげたい光景であった。

1つがっかりしたのが、調べたらスカパラは30人もいず9人で、私が座ったパイプ椅子は座っていないかも……と思ったことだ。

そして、有名人が座ったというだけで椅子に座りたがる、自分のミーハー度の高さを再確認した北海道旅であった。


おわり

| 公演の様子 | 23:15 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2019年第6回国際人形劇祭アルレキンのお客様に「ばけものづかい」が招聘されました。

またオムスクに行ける、日本の子どもたちに日ごろ楽しんでもらっている「ばけものづかい」で。これはほんとにありがたい!うれしい!の一言ですが、でも、まずは台本が問題です。
何しろ日本の古典落語を題材にした芝居であり言葉無くしては語れない落語の世界です。しかし、どんなに頑張っても外国のお客様に流れるような言葉のやり取りや感情を伝えるのは容易であるはずがない。
だが、異国の方に楽しんでもらいたい題材だから、なんとかして工夫して現地のお客様にわかる仕組みを作り出すことはできないか?考えてみた。とにかく言葉の壁を打ち破ればいいのだ、そして落語の味わいというよりは、その世界を(=会話の様子を)楽しんでもらえたらいいのではないかと思ってみた。
そこで日本語とロシア語を織り交ぜながらやることができたら何とか伝えられるのではないかとか、その上に役者の演技(=ことばと語気と表情)とそれに人形の表情をプラスするとともに物語の単純な展開によって観客の想像力をかき立てられるなら成功は間違いないのではないかなど色々試行錯誤するのは前回と一緒だ。
さいわいこれは人形による劇だから、時には録音で演じることはしばしばやられている手法であり違和感なく融合できるはずなのだ。ましてや生のアテレコも可能であるなら鬼に金棒である。というわけで、多少の無理は承知で取り組むことにした。
翻訳してくださる方にはご苦労をおかけいたしますが、何とか面白い舞台にしてお客様に喜んでもらえるために頑張っていこうと思っています。みなさん語一緒にがんばりましょう!

代表 山根 宏章

■公演詳細
2019年9月24日~9月30日開催
人形劇団ポポロ出演 9月28日17:00/18:40 「ばけものづかい」
オムスク人形劇場(ロシア)

| 公演の様子 | 14:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちいさいアリババ、、からの新作!


6/26,27は気仙沼市民会館にて、「ちいさいアリババと40人の盗賊」の公演でした。
2日間で3ステージ!
稽古から本番まで、アリババ漬けの1週間でした。
なかなか稽古時間が取れない中、色々頭に詰め込んで迎えた本番でしたが、子どもたちは3回とも拍手やら歓声やらとーっても反応が良くて、100点満点パーフェクト!!なリアクション☆
教育委員会の方からは揚げパンの差し入れをいただいたり、今度はフカヒレを食べに遊びに来てね!と言っていただいたり、とっても温かい気仙沼の方たちだったのでした。

2019063007265102b.jpeg


沢山の小学校の合同鑑賞とあって、書いた色紙もこんなに沢山!この他にも何枚か。
たくさんの方たちにアリババを楽しんでもらえて、幸せな2日間でした♪

さあ、次は毎年恒例の新作づくり!!
今年の作品は内田麟太郎さん原作のともだちシリーズから「ともだちくるかな」。先日、キャストと美術班で打ち合わせを行いました。
まだ細かいことは言えないけれど、人形とか、セットとか、楽器とか音楽とか、なんだかなんだか面白そうな予感…!
今年の夏からは君のところに、ともだちくるかな?!
20190630072741b1d.jpeg

| 公演の様子 | 07:32 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

あっちこっち、そっちー!?

梅雨入りしましたね〜☆

先月、今月とあっちこっち旅公演をしているので天気も晴れたり曇ったりどしゃ降りだったりしていましたが、
3週間にかけての岡山巡回公演では、さすが晴れのくに岡山県☆天候はまさしく晴れの日がほとんど!
30℃近い夏日もあるなか子ども達はよく観劇してくれていました!
みんな、ありがと〜!!

岡山から岐阜に東京戻ってからのー岡山から愛知にまた岡山、東京戻って大阪からのーー

函館!!

えー!!〜そっちー!?
も〜あっちこっちの、
そっちー!!ですよ。

でも、そっちー!?の函館では
素敵な出会いが待っていました。

函館のつくしの子保育園さんは
ポポロの「14ひきのあさごはん」の公演を依頼するために先生方や父母の方々も一緒になって協力してくださり何年も努力を重ねて実現した念願の公演でした。

園に到着した瞬間に子ども達からも先生方からも園全体で、ポポロさんを待っていましたよ〜☆と伝わってくる空気が流れていました。
自然の中に広がる保育園はそのまんま14きひのねずみの世界が繰り広げられていました♪





広い園庭には子どもの楽しげな声が響くなかおねしょをしちゃった布団が気持ちよく太陽のした並んで干されていたり、園内も竹や木々を沢山使った造りでぬくもりある明るい自然に満ちた空間で本当にこの作品とぴっーたりでした〜☆


上演後に四人がカーテンコールで前に出た時の拍手の大きさは私達にだけじゃなく、つくしの子保育園のみ〜んなに向けた拍手だったように感じる大きな拍手でした。

こんな素敵な場所にポポロを出会わせていただき本当にありがとうございました〜!
こんな素敵な出会いがいつもあるから
ポポロは
あっちも
こっちも
そっちにも
飛んで行くのです〜☆★☆★




水の〜♪





| 公演の様子 | 11:39 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

旅公演の移動中の車の中より♪

ルドルフ班は今、岡山県を巡って公演を行っておりますよ~!!!
突然の真夏日で体育館はとっても暑かったですが、汗だくになりつつもしっかりと公演しましたよー!!
観ている子ども達や先生達もきっと暑かったでしょうが、換気や水分補給、扇風機も出してくださったりと、たくさんのご協力のおかげで、無事に楽しんで観ていただくことができたそうです…!
よかったよかった♪ほんとうにありがとうございます!!

20190528181412668.jpg



写真は公演の合間に立ち寄った岡山城や、学校の先生に教えていただいた名物のカキオコ(牡蠣のお好み焼き)!
あと牡蠣フライがささって刺身醤油がかかったソフトクリームなど…♪
岡山県を堪能しております!

もう一枚、こちらの写真は先日お世話ななりました大和おやこ劇場さんから頂いたものや、舞台の写真♪

20190528181359f49.jpg


かわいい手作りのルドルフや、ルドルフの大好きなクリームシチューの素!さらにルドルフとブッチーの飴までいだだけました…!!!
めっちゃくちゃかわいいですよね…!!(*´ノ∀`*)大事にします♪おいしく頂きます!!
ありがとうございました♪♪

こうして公演を通じて出会える素敵な縁に、みなさんに感謝感謝です!!

明日もまた公演です♪がんばります!!!o(*゚∀゚*)o

かわのでした~♪

| 公演の様子 | 18:15 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ハグを毎日すると 健康になるらしい

昨日は宝塚でじごくのそうべえ、今日は豊川おやこ文化の会で14ひきのあさごはんの公演でした!
ゴールデンウィークの連休でなまった体に初夏の陽気の暑さが堪えます…

14ひきのあさごはんは春から夏にかけてのお話なので、今の季節にぴったり!

みなさんは狩りに行ったことはありますか?
狩りと言ってもイチゴ狩りとかブドウ狩りとかの方です。
私はブルーベリー狩りに以前行ったことがあります。取っては食べ取っては食べ…お土産用に取るのを忘れるくらいに止まらない!!
本当にあれはスゴい。野生の本能(?)なんでしょうか?
14ひきのあさごはんでは野いちごを摘みに行きますよ〜。
なっちゃんもたくさん取れてご満悦ですね!



さて、今回の公演では面白いサプライズが!!
なんと、楽屋にネズミ取りが…!!
チーズを狙おうとすると足がベタベタになります。笑


そしてこの大きなチーズの中には秘密があるのです…。
ヒントは手紙に書いてありました。
「ハグすると分かります」

中に入っていたのはハートのクッションでしたーー!!
なんて素敵なメッセージ。小学生の男の子が作ってくれたのもキュンとしちゃいます。

他にも大きな葉っぱ、大きなコップ、大きな鉛筆などなど。ねずみさん目線から見た世界で心がほっこりしました。


人数はあまり多くなかったのですか、なんともパワフルな子どもたちで例会も大成功!
ありがとうございました。

帰り道はせっかくだからと、ちょっと寄り道して豊川稲荷できつねさん見てきましたよ。
なんと、1000体以上いるとか!?


今度は14ひきじゃなく、1000ひきのきつね!?
まさかね〜!



みよしでした。


| 公演の様子 | 19:47 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

*ひな祭りの上演*


今日は楽しいひな祭りですね!
一人暮らしを始めてからはひな祭りらしいことは全然していなかったので、今年は頑張って(でも材料は節約の)ちらし寿司作ってみました。一応女子です(*^o^*)

ひな祭りと言えば、雛人形。
「人形」劇団としては、何か関連づけてお話したいところですが…特に何も浮かばず!笑

とりあえず、この間上演した園で立派なお雛様が飾られていたので、こひつじのミミイとの2ショット(?)を撮りました!
20190303204737c4d.jpeg

綺麗なお人形達に、うっとりミミイ…
こんな場面に合うと、

おおかみ「女の子みたいだなー!!」
ミミイ「うるさ〜〜〜〜〜い!!!」

つい、お芝居の中でのやり取りが浮かんでしまいます。そうそう、今回の上演は新キャストでの初演でした!
私の役は、おおかみ。こひつじを狙っている悪いおおかみですが、ちょっとおバカで憎めない子です。

低いトーンでハイテンションになるのが難しかったり、人形を活かした動きが出来なかったり、反省点は書ききれないほどですが…
終演後の送り出しでは子どもたちがおおかみを「ふわふわだ〜!」と言って撫でてくれたり、いつもの私からは想像出来ないほど、強気な台詞を全力で発するのがちょっとしたストレス発散になったり…笑
良いことも沢山ありました★

今年度の上演ももう少しで終わってしまいますが、来年度もまだまだ、頑張りたいです!

滝田 恵水

| 公演の様子 | 20:50 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>