>> EDIT

あっちこっち、そっちー!?

梅雨入りしましたね〜☆

先月、今月とあっちこっち旅公演をしているので天気も晴れたり曇ったりどしゃ降りだったりしていましたが、
3週間にかけての岡山巡回公演では、さすが晴れのくに岡山県☆天候はまさしく晴れの日がほとんど!
30℃近い夏日もあるなか子ども達はよく観劇してくれていました!
みんな、ありがと〜!!

岡山から岐阜に東京戻ってからのー岡山から愛知にまた岡山、東京戻って大阪からのーー

函館!!

えー!!〜そっちー!?
も〜あっちこっちの、
そっちー!!ですよ。

でも、そっちー!?の函館では
素敵な出会いが待っていました。

函館のつくしの子保育園さんは
ポポロの「14ひきのあさごはん」の公演を依頼するために先生方や父母の方々も一緒になって協力してくださり何年も努力を重ねて実現した念願の公演でした。

園に到着した瞬間に子ども達からも先生方からも園全体で、ポポロさんを待っていましたよ〜☆と伝わってくる空気が流れていました。
自然の中に広がる保育園はそのまんま14きひのねずみの世界が繰り広げられていました♪





広い園庭には子どもの楽しげな声が響くなかおねしょをしちゃった布団が気持ちよく太陽のした並んで干されていたり、園内も竹や木々を沢山使った造りでぬくもりある明るい自然に満ちた空間で本当にこの作品とぴっーたりでした〜☆


上演後に四人がカーテンコールで前に出た時の拍手の大きさは私達にだけじゃなく、つくしの子保育園のみ〜んなに向けた拍手だったように感じる大きな拍手でした。

こんな素敵な場所にポポロを出会わせていただき本当にありがとうございました〜!
こんな素敵な出会いがいつもあるから
ポポロは
あっちも
こっちも
そっちにも
飛んで行くのです〜☆★☆★




水の〜♪





スポンサーサイト

| 公演の様子 | 11:39 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ファーストコンタクト?

「ルドルフとイッパイアッテナ」の上演で岡山県を巡業しています。色々な町を訪れますが今回は昭和の香り高いレトロな町並みをよく目にします。ある町での事ホテルのすぐ近くに築五十年以上は経っているであろう建物がありました。ちょうどその建物の裏側が見えたのですが錆びた看板に「お食事処」の文字がかろうじて確認出来たのでさっそく向かいました。近づくにつれて、その建物の古さボロさ色の褪せた感じなど確認するたびに私の心は不安になっていきました。そしていざ店の入り口に到着した時…一瞬で心を奪われてしまいました。店の、のれんが鮮やかな白、清潔感溢れる白がそこだけくっきりと存在していたのです。店全体との対比が凄まじい効果を生んでいました。狙ってやっていたとしたらかなりの演出家です。こういった見せ方は人形劇の舞台にも通じるある種の効果的な方法だなあと感心してしまいました。ちなみにそのお店はラーメン屋で、私は昼にラーメンを食べたので店に入らず帰りました。作成者田村

| その他 | 17:45 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

旅公演の移動中の車の中より♪

ルドルフ班は今、岡山県を巡って公演を行っておりますよ~!!!
突然の真夏日で体育館はとっても暑かったですが、汗だくになりつつもしっかりと公演しましたよー!!
観ている子ども達や先生達もきっと暑かったでしょうが、換気や水分補給、扇風機も出してくださったりと、たくさんのご協力のおかげで、無事に楽しんで観ていただくことができたそうです…!
よかったよかった♪ほんとうにありがとうございます!!

20190528181412668.jpg



写真は公演の合間に立ち寄った岡山城や、学校の先生に教えていただいた名物のカキオコ(牡蠣のお好み焼き)!
あと牡蠣フライがささって刺身醤油がかかったソフトクリームなど…♪
岡山県を堪能しております!

もう一枚、こちらの写真は先日お世話ななりました大和おやこ劇場さんから頂いたものや、舞台の写真♪

20190528181359f49.jpg


かわいい手作りのルドルフや、ルドルフの大好きなクリームシチューの素!さらにルドルフとブッチーの飴までいだだけました…!!!
めっちゃくちゃかわいいですよね…!!(*´ノ∀`*)大事にします♪おいしく頂きます!!
ありがとうございました♪♪

こうして公演を通じて出会える素敵な縁に、みなさんに感謝感謝です!!

明日もまた公演です♪がんばります!!!o(*゚∀゚*)o

かわのでした~♪

| 公演の様子 | 18:15 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

劇団員募集!

「人形劇やっています」
というと、結構驚かれる。これは、人形使いという仕事の知名度の低さからくるものだと思う。人形劇を仕事にしている人がいるんだ!という驚きである。

そして大体次に言われるのが、
「なんで人形劇をやろうと思ったの?」
という質問である。この質問は一言で答えるのは結構難しくて、鉛筆占いで決めたとかいつも適当に答えているが、自分の中でターニングポイントはいくつかある。

18か19歳ぐらいのとき、影絵作家の藤城清治さんがすごく好きだった時期がある。(今も好きだけど)
藤城さんが影絵を作り始めたのが、戦後物がない時代に、紙だけで作れるからという理由で、影絵人形劇を始めたのがきっかけらしい。

そこで、私は影絵人形劇に興味を持って、すごく憧れた。なんなら1回影絵の劇団に履歴書を送ったことがある。(でも今は採用していないと送り返された)
藤城さんが影絵人形劇をやられていた事が、人形劇に興味を持つきっかけであった。

大学に入って、人形劇サークルがあると知ったとき、すぐ「入りたい!」と思ったが、人見知りすぎて勇気が出ず、一年が過ぎた。

でも、やっぱり入りたい!と、あるだけの勇気を全て持って部室のドアを叩いたのが、大学2年のときである。相変わらず人見知りすぎて部員とあまり喋らないながらも、やってみるとやはり面白かった。

まず、私は立体を作るのが好きだなと思った。
そして、役者をやるのはめちゃめちゃ苦手だなぁと思った。
複数の人と1つのものを作るのは正直ストレスである。でも自分ひとりだったら作らないような物が出来上がってくるのがすごく面白いと思った。

悲しいこととか、ネガティブなことも、人形が演じるとどこか角がなくなるというか、笑えたりするのも不思議である。人間がやると生すぎて、見る方がショックを受けたり、傷ついたりすることもあると思うけと、人形が演じると不思議と受け入れられたりするのも面白い。
今流行ってるチコちゃんがきついことを言って、皆が笑うのはチコちゃんが着ぐるみの人形だからだと思う。言いにくいことでも、人形なら言えるし、許されるのだ。

人形劇の魅力はまたまだあるけど、長くなるのでそれはまたの機会にする。

とにかく飽きっぽい私が大学を最後まで続け、今後どうする?となったとき、まず思ったのが「働きたくない」である。大学4年生にありがちな、でも深刻な悩みである。

「働きたくないんですけどどうすればいいですか」
とハローワークに相談しに行ったらかなり怒られた。
そして「働けよ!!」と言われた。

確かに働いてお金を得なければ生きてはいけない。
じゃあ何ならできるかなと考えたとき、人形劇のことを思い出した。

人形劇が続けられて、しかもお金も貰えるなんて最高じゃないか!!
と思い、劇団に入り、今に至る。

これが私が人形劇人になった簡単ないきさつである。

人形使いという仕事は知名度が低い。13歳のハローワークとか、職業紹介本にもっと載せて欲しいものである。そしたらもっと志す人が増えるかも。

ということで、ただ今新しい劇団員を募集しております。タイミングを逃すとなかなか募集がないので、今がチャンスです!
ご応募お待ちしております。

大山


| その他 | 23:56 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バカな男のバカな判断。

こんにちは、禄里です。


先日こんな事があった。
妻と買い物に出かけた途中、本を返却するため図書館に寄った。返却のみなので妻ひとりで窓口へ。僕は駐車場に停めた車の中で待っていた。すると車が一台入ってきた。
その白い車は僕の隣に駐車しようと僕の車の目の前で一旦停止した。トヨタ・カローラのハイブリッド。ワゴンのタイプだ。運転席を見ると、年配の女性がハンドルを握っている。かつて話題になった和泉元彌さんのお母様、節子さん(だったよね?)のような感じの人だ。
・・・うーむ、少し心配。
何が?おばちゃんの駐車。車庫入れですよアナタ。失敗してウチのクルマにぶつけられたりこすられたりしたらヤダかんな。こういうおばちゃん、わりと危なっかしいタイプだ。
ゆっくりでいいからとにかく当てんな〜頼むよ節子ハハハ。

そして次の瞬間!

その間わずか10秒ほど。バックして一発ビタ止め。僕のようなくだらない切り返しは一切ナシ。
難なく駐車を終えた女性は、ふくよかな体にカバンをいくつも抱えながらせかせかと図書館の中に消えて行った。あっけにとられた僕を尻目に。
僕は思わず外に飛び出し前からその駐車の結果を見た。左右のバランスも完璧だ。素晴らしい。・・・おぉ・・。

すいませんでした。人を見た目で判断した僕がバカでした。どうぞ狂言の本でも何でもごゆっくりお読みになってください。失礼いたしました。


そういえば以前こんな事もあった。

夜遅く家に帰る電車に乗っていると、途中のターミナル駅でいかにも飲み会帰りの若者たちが数人でどやどやと乗ってきた。顔を真っ赤にした先頭の若い男は隣にいる女の子にしきりに話しかけている。スキニージーンズにデッキシューズ。肩口までまくられた半袖シャツ。金に近い茶色の髪を整髪料でバックにしている。日焼けした体に光るブレスレットとネックレス、耳にはタバコが挟んである。口元にはもちろんおしゃれヒゲ。
こういうサーファー風みたいな若者、アウトローのキケンなタイプだ。
その男はほろ酔い加減の女の子の肩にヒジを乗せ、ひたすら話かけながら乗車。オイ若ぇの、口説いてんのかハハハ。
と、彼らの立っている足元に誰かが捨てたタバコの空き箱が。踏みつぶすかサーファーよ。

そして次の瞬間!

タバコの空き箱に気づいた彼はおもむろにそれを拾い上げクシャっと握り潰した後、スキニージーンズの後ろポケットに押し込んだ。・・・おぉ・・・。

すいませんでした。人を見た目で判断した僕がバカでした。どうぞお持ち帰りでもしてください。そして波でも何にでも乗っちゃってください。失礼いたしました。


そして先日こんな事があったんです。

早朝、上演のため車で吉祥寺を通りかかると、歩道に朝早くから颯爽と歩く女の子の後ろ姿が。ニューバランスのスニーカーにレッグウォーマー、グレゴリーのデイパックの下に着ているカラフルなウインドブレーカーにはノースフェイスのロゴが見える。
山ガールかな?
髪は上にまとめておだんごにしている。かわいいね。
こういう女の子、僕はわりと好きなタイプだ。
山ガールを追い越すと前の信号が赤に。停車した僕の車の横を女の子は通り過ぎていく。せっかくだからどんなにかわいい子か見てみよう。

そして次の瞬間!

・・・・あれ?・・宇野千代さん?に似ていますね・・・きっと同じくらいのお年・・・なのかな・・お洋服素敵ですね・・
・・あぁ・・。

すいませんでした。人を見た目で判断した僕がバカでした。どうぞ高尾山でもエベレストでもカチカチ山でもお登りください。人生の厳しい山々を登っていらしたあなたにはわけのない事でしょう。若々しくて何よりでございます。素敵なご婦人であることに間違いはありません。失礼いたしました。


───────

僕自身は他人からどう見えるのかな。まさか人形劇が仕事だなんて誰も思わないだろうな。
ただのオッサンだと思ってる?そりゃまあそうなんですが。
やっぱり中身を磨かなくてはね。中身が素敵なオッサンになればいいのか。
なかなか気づいてもらうのは難しい事だけれど。

| その他 | 20:37 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>