>> EDIT

たくさんの人に支えられて…

前回のブログでtatsukiさんも書かれておりましたが、
わたくしからも改めて…!北海道での公演について書きたいと思います♪

コロナ渦で大変な中、マスクの着用はもちろんんこと、
舞台や客席のスペースをできる限り開いたり、イスなどの備品全てを丁寧に消毒したり…
皆さますごい努力をして頂いていました!!
その上で、こうして上演させていただける…本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいでした。

32977.jpg


劇団こがねむしさんの「ゴジばん」の撮影に参加させていただいていたり、
稽古などの時間はたっぷりあったのですが…
「お客様の前で生で公演をする」というのは本当に久しぶりのことです。
もう何百回も上演している作品ですが、いつもより少し緊張しながら開演!
ほどなくして子ども達やお母さん達の笑い声や歓声が聞こえてきました。
その瞬間に、言葉ではうまく表しきれないのですが…公演ができる喜びや幸せ感を実感して、涙がでてきました…!
ケコミ芝居(舞台の中に潜んで黒子で演じる、客様から私の姿は見えない作りのお芝居)でよかった…!

本当に本当に幸せな時間でした…!

まだコロナ渦が静まったわけではないので、
お人形たちとの握手やお見送りなど、できない事や制約はたくさんありますが、
それでも「やっぱり生の舞台はよかった」というお声を頂き、とても励みになりました。

ありがとうございました…!!!感謝してもしきれません・・・!!

コロナウィルス対策をしつつ、その中でいかにお客様に存分に楽しんでもらうか…!
これからも様々な可能性を模索していきたいなぁと思います…!

そして!
劇団の皆さんにも色々助けられました♪
久しぶりの本番ということで、稽古の協力やアドバイスを頂いたり、
劇場さんへのささやかなお礼のプレゼント作りも助けて頂きました。
水野さんからは旅公演で野菜不足にならないようにと「どうぞのやさい」と書かれたプレゼントまで出発前に頂きました!!
(中身は隣の野菜っぽいお菓子でしたけど…笑)

32976.jpg

公演が軒並み中止になって、劇団員の皆も舞台に飢えている状態の中、気持ちよく応援してくれて本当に嬉しく、ありがたかったです!!

そんなたくさんの皆様への感謝の気持ちを胸に…これからたくさん恩返ししていけるように頑張ろうと思います…♪
ではでは!かわのでした♪
スポンサーサイト



| 公演の様子 | 14:35 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

久しぶりの!

「どうぞのいす」が北海道で
久しぶりに本番を迎えました!

新型コロナの影響で、2月下旬から3月…
そして今回の公演まで、とても長い間劇団が
ホントの意味で稼働してませんでした。

今回、北海道の公演がいくつも中止になり、
諦めていましたが子ども・おやこ劇場が開催を
してくれるということで、涙が溢れそうなぐらい嬉しくて…。

今回、伊達と士別の劇場さんへお邪魔しました!

やはりこんな状況なので、
どちらの劇場さんも大変な努力をされたことが
伝わってきました。
ありがとうございました!
我々も「気を引き締めなければ!」という思いに…。

人と人の距離を離れさせる、
このウイルスによって心が離れないよう、
私達も努力し続けたいとおもいます。

今回はtatsukiでした(๑´ㅂ`๑)‪𐤔𐤔‬

| 公演の様子 | 18:46 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

磨くこと~

最近は訓練をする日にちも増えてきました。訓練をする日の朝は稽古場の床を雑巾がけします。雑巾をかけているって事で何か正される気持ちを感じるというか、、、
無になれたり、、、
修行僧の人もここから朝が始まるってわかるような、、、

雑巾をかけた後の稽古場は空気が澄んですがすがしく感じます。
訓練もスッーと身体に入ってくるような気がします。

訓練の朝、静かに稽古場の床に寝そべって動きと動きの間のリラックスする少しの時間はこれから始まる慌ただしい1日の心と身体に重要に響く大事な時間となってます。
ありがとう〜稽古場☆
沢山磨くね♪

水の〜♪





| その他 | 10:53 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マスク販売

人形劇の上演がこのコロナの影響でほとんど無くなってしまい在宅ワークなど今までに経験の無い働き方が導入されました。なかなか慣れない感じで戸惑いながらの日々を送っておりましたがそんな仕事の中にマスクの販売という新しい試みがあります。人形劇のための布をマスクの作成に流用しそれを販売する。全く新しい試みです。特に販売の仕事は自分にとっては15年前補聴器のお店でやって以来で本当に久しぶりで何をどうしてよいものか全くわかりませんでした。人形劇の上演とはまた違った緊張感です!最初は恐々としてましたが、初めてマスクを購入していただいた時の喜びは言葉では言い表せない感じですっかり忘れていた販売の喜び楽しみを思い出す事ができました!マスクを買っていただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです!まさかこのような経験ができるとはコロナの前には予想もしなかったです!作成者田村

| その他 | 19:04 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ポポロの今をご報告いたします。

水無月を迎えましたが、おかげさまでポポロはなんとか健在です。
 新型コロナウイルスが不意にやってきて世界を蹂躙し、私たちの日本にも猛威を振るっております。皆様つつがなくお過ごしでしょうか?もしや運悪く罹患された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、不幸にもお亡くなりなられた方々とご家族様には謹んでお悔やみ申し上げます。
感染拡大のためすべてのイベントは出来なくなり、ご多聞に漏れず私たちポポロも2月後半から3月にはすべての上演はキャンセルとなり、そのあとも国の緊急事態宣言のもと4・5・6・7月と将棋倒しのようにすべての活動が自粛休業でストップ状態となり、50年間毎年続けてきたおなじみの保育園でさえ8月初旬の公演ができなくなるという、泣くに泣けない困難に陥りました。
そんな中で、細々ながら手作りマスクによって活動の継続と創造の確保を目指しておりましたところ、地域の方々が「がんばって!」と激励かたがたマスクを買い求めて下さったり、近くの水道道路のそばのおじさんには「ここは人通りが多いから売りにおいで」と軒先を貸して頂いて大好評を博したり、新宿子ども劇場からは数度にわたって「子ども用から大人用マスク」をたびたび注文をいただいたり、やはり40年以上のお馴染みのミチル幼稚園さんからは「ブログを見たから」と70枚など大量注文があったりでその都度《にわかマスク工場》は活気づき、あるいは「おつりはいらないカンパだよ」なんて2000円とか3000円とか置いて行ってもらったり、知り合いから通りかかった人まで「子どものための文化の火を消さないで、頑張って!」と多くの人たちからの激励をいただいて、うれし涙とともにしっかり頑張ろうという思いを新たにしているところです。
コロナ禍はまだまだ収まる気配はありませんが、3月には中止した公演を宣言解除とともにいち早く「6月後半に上演しましょう」と山梨のひまわり幼稚園さんからお電話いただいた時には上演班はもとより劇団員みなうれし涙にわきました。上半期唯一の上演を宝物にして、いまポポロはにこやかに歩みを再開しております。この先まだまだ困難は続きそうですがお客様や地域の方々との絆そして感謝を忘れず、しっかり劇団活動を推し進めて参ります。
暑さ厳しき折から皆様もどうぞお元気で、またお会いできる日を楽しみに、お健やかにお過ごしくださいますよう心からお祈り申しあげます。
2020年6月16日     人形劇団ポポロ代表  山 根 宏 章

*凡人の句を水無月に寄せて一句  『コロナとも付き合う覚悟田の月に』

| ご挨拶 | 13:52 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>