>> EDIT

動き

「ばけものづかい」という演目をメインで中国地方を巡回しました。お話の中で人使いの荒いおじいさんを大きな人形の手で打ちすえるシーンがあるのですが、見る人によってとても好評?で私自身もこの演目を始めたばかりの頃は遠慮がちにしか打てなかったのですが、慣れてくると力の入れるポイントや動きが掴めてきてとてもスムーズに打てるようになりました。反応があるとつい調子に乗るのが私の悪い癖。もっともっと強くインパクトのある動きで!などとエスカレートこの日も快進の打撃でおじいさんを打ちすえました…少し度が過ぎたのでしょうか?この上演の後、田んぼの畔に落っこちてとても痛い目に合いました…多分ばちが当たったんだと思います。色んな意味で初心にかえって一から出直したいと思います…作成者田村
スポンサーサイト

| その他 | 14:56 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『鬼ひめ哀話』 終演

ゲネラル-344

人形と邦楽の競演「鬼ひめ哀話」は藤沢子ども劇場での公演で、ついに終演となりました。

「鬼ひめ哀話」は1990年初演で、実に29年間ポポロの歴史と共に歩んできた作品でした。
原作者である、さねとうあきら先生が2007年に演出・監修し、さらに油ののった作品へと変化してきました。

29年間ずっとこの作品に関わってきた特筆すべき三人。

mc_info_14765_big_1506332326.jpg

悲しささえもたたえてきた鬼ひめ役の小林由美子。(写真左)
過去には父上の葬儀の翌日、藤沢での鬼ひめ公演でした。

力強さ骨太さの団衛門を演じてきた山根宏章(写真右)は、高速道路からトラックごとおちてしまったにもかかわらず、
幸いにも生還し、舞台に立ちました。

地唄を語りに変えた邦楽の仲林光子師匠。(写真中央)その相方、鬼ひめの作曲家大倉ただし氏は小高い山の満開の桜の下、自らの命を終えました。

三人三様の人生を乗り越え、29年間鬼ひめにかかわってきた主演者、そしてその他スタッフ、キャスト。
長い年月を経て、涙で感動を呼びおこすまでに昇格させてきた「鬼ひめ哀話」。
この間3回も上演を取り上げて下さった藤沢子ども劇場、公演に何回も足を運んで下さった多くの観客の皆様に心から感謝し、お礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。

2018年11月29日 制作 葛山 美奈子


| 公演の様子 | 16:58 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

寒くなってきましたね~

季節の変わり目って服装とか困りますよねぇ…
去年の今頃、何を着てたか思い出せなくて
毎朝着替えに時間がかかっているかわのです。こんにちは♪

服装に悩むと言えばっ!
今週末から『どうぞのいす』班は初めて!!!
関東外での上演に行ってまいります…!!!

行き先は・・・!?

20181127_101134.jpg

うさぎさんも地図を見て予習してます。
行き先は『北海道~青森』です!!!!

東京ではまだコートすら出していないのですが、
旅立つときは真冬の装備を引っ張り出さないといけないかなぁ…?

20181127_161753.jpg

ポポロの車もスタッドレスに履き替えて準備開始しております。
楽しみだけど、十分気を付けて行ってきたいと思います♪

お会いできる、北海道・青森の皆様!
どうぞよろしくおねがいしますー!^^

ではでは♪かわのでした~!

| 劇団の日常 | 13:55 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

最近のマイブームについて

最近遺伝子学にはまっている。遺伝子学の本を開くと、基本的に半分以上意味がわからない。DNAとかRNAとかローマ字の羅列に加えて、遺伝子配列とか、染色体とかの図が描かれているが、あまりよく理解できない。ただその意味の分からなさの中に身を委ねているのが気持ちよくて、何となくはまっている。

遺伝子学は人間のことをめちゃくちゃ物質的な観点で捉えてくる。人間を、「遺伝子を増やすために行動するようにプログラミングされた利己的な機械」みたいな言い方をしてくるので、その視点がクールで面白くてかっこいいのだ。

一ついいこともある。遺伝子学を学ぶと、嫌いな人のことを大分許せる。
そもそも一億年以上の人類の歴史の中で、自然淘汰されずに、その人の遺伝子が今尚残っているということは、人間の種の保存のために、その人の遺伝子が必要とされたということである。つまり、どんなに性格の悪い人であっても、今生きているということは、否定されるべきではない、肯定されるべき遺伝子なのではないかと思うのだ。
ここに思い至ったとき、遺伝子学面白い!!と思ってめちゃくちゃはまり、今日に至っている。

友人に遺伝子学の話をしても、あまり興味を持ってもらえず、面白さも全然伝わらないみたいで残念。この記事を読んだ人もポカーンとしているかもしれないけれど、とにかく私のマイブームである。

人形劇にしたらもっとわかりやすくこの面白さが伝わるのだろうか…。ミトコンドリアダンスとか作ろうかな。
でも小学校の教科書で習うような遺伝子学を、人形劇でやったら覚えやすいし、楽しそうだなぁ。

私の中で遺伝子学ブームがもし続いていたら作るかもしれません。すぐ飽きるかも。
これからも遺伝子のおもむくまま、気ままに生きていきます。それではこの辺でおわり。

大山

| その他 | 23:12 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

役作り命

こんにちは、禄里です。


役者が芝居に取り組むほとんどの場合、「役作り」という作業をする。古今東西いろいろなやり方で役者さん達が役作りをするのは皆さんご存知の通りだ。

さて僕も役者のはしくれ、役をいただいたら役作りをする。でも人形劇ですから見た目は人形が表現してくれるので、外見上の役作りはしない。やった方がより役に近づくのかも知れないけれど、それより内面的なものだけに重点を置く。第一、これだけ何本も芝居を抱えていると毎日のように外見を変化させなければならなくなってしまうでしょう。それはさすがに大変です。やもすると仮装癖のあるヘンなおじさんになってしまうじゃないか。


そんなわけで「ルドルフとイッパイアッテナ」のイッパイアッテナ役をいただいた時にも当然役作りをした。
僕はわりと単純な役作り方法を採用している。役のモデルになる人を決めて、その人の人物像にキャラクターを近づけていくような感じ。ごく簡単に言えばゆるやかなモノマネのようなものだ。
ここでイッパイアッテナを演じるにあたり、モデルや参考にさせていただいた人たちを挙げてみよう。

?鈴木亮平さん。
数年前に公開されたCGアニメ映画でイッパイアッテナ役を演じていた。大柄な雰囲気は特に映画版のイッパイアッテナにはぴったりだ。
ちなみに我が家では現在放映中のNHK大河ドラマを観ているのだが、西郷隆盛役の鈴木亮平さんは、最近西郷どんにしか見えなくなってきたと家族で話している。すごいですね。今度上野公園に行ったら「あれ?こんな顔してたんだっけ?」ってなりそうだ。

個人的に鈴木亮平さんが好きなので話がそれました。
じゃ次。

?勝新太郎さん。
体格や義理人情な雰囲気が近いので。イッパイアッテナの硬派な部分は勝さんそのものだ。

?車寅次郎さん。
江戸っ子ですから。主に口上やユーモア的部分は寅さんを見習いたい。

?ポルコ・ロッソさん。
全体的にイッパイアッテナにとても近いように思われる。両方とも動物だしね。「飛べねえネコはただのネコだ」とか、いかにもイッパイアッテナが言いそうじゃないですか。ちなみに次にルドルフとイッパイアッテナが映像化されたら森山周一郎さんにイッパイアッテナをやってほしいと個人的には思っています。あの声は最高ですね。


以上です。そんな人たちが僕のイッパイアッテナ像を作り上げている。モデルになっている皆さん、本当にありがとうございます。どちら様もとても魅力的な人物像ですね。今後もモデルにしたい人を発見したらぜひ役のために参考にしようと思います。



ルドルフとイッパイアッテナの稽古が始まった頃、ルドルフ役の水野に役作りのために誰か参考にしている人などがいるのかと尋ねた。
すると即答・・。


「ワタシ!わたしのまま!そのまんま!」

・・ギャフン!!!



・・・・


いやだねえ、教養のないねこってのは・・・。

| その他 | 00:00 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ >>